株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経新聞に優良企業ランキングが出ていました。


 NEEDS-CASMA(日本経済新聞デジタルメディアの多変量解析法による企業評価システム)を使い、上場企業を総合的に評価したものだそうですよ。


 財務データと日経新聞の記者さんの日頃の取材を通じたイメージを加味して、統計的に評価するそうです。


 以前に紹介したプリズム(だったかな?)とは違う評価方法みたいですね。


 一般にどういった企業が評価を受けているのか、というのは参考になると思います。


 後は、これに自分の評価を加えて見てみるといいでしょう。


 自分が良いと判断したら他人がどうこう言おうが良いものは良いですし、他人がいくら良いと言おうが自分が悪いと判断したら悪いものは悪いです。


 リーマン・ブラザーズの社長が、優秀なCEOだとマスコミに言われていたことを思い出してみて下さい。


 エンロンが優れた企業だったことも。


 結局、最終的には自分で判断するしかないですよ。


 以下に、主要な結果を残しておきます。







<2008年総合ランキング>

1  任天堂
2  ファナック
3  アステラス
4  武田薬品
5  キーエンス
6  ローム
7  キヤノン
8  トレンドマイクロ
8  トヨタ
10 NTTドコモ


 新興市場と金融は除いているそうです。


 それから、今回は安全性に重点をおいた評価になっているようですね。


 自己資本が厚くて、手元資金が豊富な企業が上位にきていると思います。


 ただ資本効率が悪くなる面もあります。


 もっとも、任天堂は資本効率も突出しています。(絶好調ですからね。)


 それから自己資本が厚いということは、安全性を示す反面、難しい事業である可能性もあります。


 つまり、研究開発や商品開発がうまくいかないと業績悪化が早く進み、自己資本を毀損する恐れがあるということです。


 それに備えて自己資本を厚めにせざるを得ないという事情があるのかもしれない、ということは留意しておくといいかなと思います。


 まあ個人的には、それだけ用心深い企業ということで、逆に安心して保有してていい企業かなとは思っています。


 問題なのはリスクが高い事業をしているのに、やたらとレバレッジを効かせて自己資本を厚くしていない場合です。


 また創設して10年も経っておらず、大した信用も築いていないはずなのに、自己資本を大手企業より薄くしているような企業も注意しましょう。


 潮が引いたときに素っ裸で泳いでいることがバレてしまうのは、バフェットおじさんの言葉どおりです。







<過去5年の上位5社>

  2004    2005   2006   2007   2008
1 武田      キヤノン   武田     任天堂    任天堂
2 NTTドコモ  トヨタ自   ファナック  ファナック  ファナック
3 セブンイレブン ヤフー    NTTドコモ 武田     アステラス
4 キーエンス   ファナック  トヨタ自   HOYA   武田
5 キヤノン    日産自    キヤノン   キヤノン   キーエンス







<業種別トップ>

社名        業種     総合順位

ホクト       水産     644
石油資源      鉱業     145
大東建託      建設      27
JT        食品      33
東レ        繊維     186
王子紙       バルプ・紙  302
信越化学      化学      11
アステラス     医薬品      3
ブリヂストン    ゴム      68
日電硝       窯業      85
新日鉄       鉄鋼      20
SUMCO     非鉄金属    14
コマツ       機械      24
ファナック     電気機器     2
川崎重工      造船     295
トヨタ       自動車      8
シマノ       輸送用機器  158
HOYA      精密機器    29
大日印       その他製造   72
三菱商事      商社      28
ローソン      小売業     55
立飛企       不動産    138
JR東日本     鉄道・バス  199
ヤマトHD     陸運      87
商船三井      海運      32
上組        倉庫      76
NTTドコモ    通信      10
中部電力      電力     188
東京ガス      ガス     175
任天堂       サービス     1







 応援している企業が入ると嬉しいですね。


 ここに入ってないけど応援している企業が、何年か後に入ってくれたら小躍りしてしまいそうです。


株は配当金を狙ってTOPに戻る