株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経新聞に歴代下落率が出ていましたので、残しておきます。


順位 年月日            下落率       終値

1  1987年10月20日    14・90%    21910円
2  2008年10月16日    11・41%     8458円
3  1953年 3月 5日    10・00%      340円
4  2008年10月10日     9・62%     8276円
5  2008年10月24日     9・60%     7649円
6  2008年10月 8日     9・38%     9203円
7  1970年 4月30日     8・69%     2114円
8  1971年 8月16日     7・68%     2530円
9  2000年 4月17日     6・98%    19008円
10 1949年12月14日     6・97%       98円
11 1953年 3月30日     6・73%      318円
12 2001年 9月12日     6・63%     9610円
13 1972年 6月24日     6・61%     3421円







 昨日は(昨日も?)、よく下がりましたね。


 いつまで追撃させてもらえるのやら、というか、もう弾切れ。w


 1位は、アメリカのブラックマンデーの時の記録です。


 アメリカでも、1987年10月19日の下落率22・6%が歴代1位だそうですよ。


 ま、短期的な株価の下落にびびるな、ということでしょう。(バフェットおじさんも、何度も同じようなアドバイスをしています。)


 暴落の合い間にも、日々、株式取引は成立しています(そもそも成立しないと値がつかない)。


 パニクって売り逃げている人間の横で、冷静に買っている人間もいるということですね。







<覚えておきたい偉大な投資家のお言葉>


「実際に投資家になるための気質や忍耐力に欠けている人が多い」ため、結局のところ、「平均的な投資家には成功できるだけの資質が備わっていない」

 ルー・シンプソン







<追記>


 書いた瞬間に記録更新です。w


 10月10日の下落率が、歴代3位にランクイン。


<さらに追記>


 またまた記録更新です。


 10月16日の下落率が、1953年のスターリン暴落を抜いて2位にランクイン。


<さらにさらに追記>


 う~ん、異常事態も極まりましたな。


 10月24日、さらにランクイン記録が飛び出しました。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
残暑のような蒸し暑さが残りますね。
最近の大下げ 歓迎したくないのですが京さんと同じくほんの少しばかり買いました。
景気サイクルを読んで投資行動を起こすのがいいのでしょうね。
ただ、今回が20年続いた欧米主動の上昇相場の腰折れだったとすれば、つまり恐慌入りだとすれば、怖いことが起こります。
失敗例ですが、前回の不況時に日経平均が13000円からファンドの買い下がりを行って、底到達が7600円でした。半値やがな。まあ元は取りましたが。
あの時13000円でも安いと感じたのですが。
それと、金相場の例もあります。
金は高値ですが、前回の天井が28年前とか。下げ初めて買い下がったとしても底値到達が1999年
つまり19年も下げトレンドだった。
昔の恐慌は10年は続いたような。
それは戦争 大地震とかとセットで起こり長引くようです。
様子見でしょうね。

  
2008/10/11(土) 20:37 | URL | あくび #-[ 編集]
こんばんは。

不安は分かります。
様子見したい気持ちも。
過去の事例を見れば、悪いことは立て続けにやってきますもんね。
でも、安心して投資できる時って、お値段はそれなりなわけでして、大きなリターンを得たいなら、誰より勇気のいる時に勇気を出すしかないと思います。

金は危急時に逃げ出す先なのでしょうが、どっこい、みんなが逃げ出せば高くなるわけでして、合理的な投資家からすれば、危急時にはむしろ売り時なはず。
高くなった後は、地獄の下げトレンド。
これは、利益を生み出さないただの実物資産である以上、仕方なし。
これは書いていらっしゃる通り。
もっとも、金の需要が大きい中国やインドが購買力を高めれば、なにがしかの恩恵はあるのかもしれませんね。
金が大好きみたいですし。w

大恐慌が10年続くというお話ですが、確か、大恐慌の時には直近高値から3年かけて株価が10分の1にまで下がり、そこで底を打って反発。
半値くらいのところで、うろうろしていたと記憶しています。
当時は対策をどうするかも分からず、金融緩和すべきだったのに、手当が遅れました。
また、好景気で株価や地価が異常に高くなっていたことも、影響していたと思います。
丁度、日本のバブル絶頂期のような感じでしょうか。
今回、振り返ってみると、後手に回ってはいるものの、一応きちんとした対策は出ています。
それに、株価はバブルと呼べるような状態ではなかったと思います。(アメリカの住宅価格とかは分かりませんが。)
バフェット氏やさわかみファンドも、随分前から買っていました。
さわかみファンドはともかく、バフェット氏は、割安という確信が無い限り、小切手を切ることはありません。
いついつと言うことはもちろん分かりませんが、そのうちおかしな株価は修正されるはずですよ。

悲観が収まり、懐疑が残ったその後、綺麗な御花畑が一面に広がりそうな気がしています。w
その中心は、アジアと日本………だといいんですけどね~。
2008/10/11(土) 23:38 | URL | あくびさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する