株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 いや~んな感じで下落しています。


 半年ぶりのバーゲンセール再開。


 うちのコマツも売られています。


 ちょこちょこと追撃しておかないといけませんね。


 三菱商事、三井物産といった総合商社も安くなっています。


 情報を駆使して、世界経済のそこかしこにお金をからめとる網を張っています。


 出資する企業は世界中にあり、下手なファンドを買うより良いのではないかと思ってしまいます。


 資源、エネルギー、食糧、環境といった、これからの投資テーマもきっちり網羅した事業ポートフォリオを展開しています。


 総合商社の時代は終わったはずだったのに、ねぇ。


 それなりの人をきちんと確保しているところで、もう終わったなんて言われている事業を見つけたら、チャンスかもしれませんよ。


 買うのに、かなりの勇気が必要ですけど。w







 さて、この状態がどのくらい続くでしょう。


 さわかみファンドのレポートを読んでいると、「年末」には皆忘れてしまっているだろうとの予測が、「1、2年先」へと下方修正されてしまいました。


 バフェット氏も「株価は1年前より魅力的な値段になった」と、嬉しい指摘をしてくれています。


 これ以上に魅力的な値段になることもあるってことでしょう。


 ダウ平均は、「まだ20%程度しか」値下がりしていませんしね。


 ダウ9000円、日経10000円、場合によってはそれ以下も覚悟の上です。


 こうなると決めつけてポジションを動かしはしませんが、それに備えた資金投入プランは持っておこうと思います。







 ところで、バフェット氏の冗談のようなこの考え方は、とても良い考え方だと思います。


 沈みゆく先の見えない奈落の底を見るのではなくて、今いる位置から崖の上を見るということです。


 釣り船に乗った時のことなんですが、近くの波間を見ていると波に揺られて激しい船酔いをします。


 そこで船酔いを避けようと思ったら、遠くの山の頂上やその上の雲を見ると良いのです。


 長期投資も似たようなものでしょう。


 目先の大波に心を奪われオタオタしていては、船酔いがひどくなるどころか沈没溺死まっしぐらです。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する