株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

時価総額1000億円を超える高配当利回り銘柄(08年8月12日付日経新聞掲載)


1  SBI     4・9%
2  平和      4・8%
3  日産自動車   4・7%
4  レオパレス   4・7%
5  USJ     4・5%
6  大平洋金属   4・4%
7  東燃ゼネラル  4・2%
8  武富士     4・0%
9  三井金属    3・9%
10 日本オラクル  3・7%
11 川崎汽船    3・7%
12 東海東京証券  3・7%
13 オートバックス 3・6%
14 日立工機    3・6%
15 新光証券    3・6%
16 松井証券    3・4%
17 エーザイ    3・4%
18 丸井グループ  3・2%
19 森精機     3・2%
20 電気化学工業  3・2%
21 アマダ     3・1%
22 アイフル    3・1%
23 東洋インキ製造 3・1%
24 小野薬品    3・1%
25 コーエー    3・1%
26 新日石     3・1%
27 NTN     3・1%
28 東京建物    3・0%
29 郵船      3・0%
30 アコム     3・0%







 新発10年国債の利回りが、1・450%となっていました。


 この先「減配がないとすれば」、大笑いのお値段ということになるでしょうか。


 安く取引されているのには必ず理由がありますから、その理由をきちんと把握した上で、将来性を判断するのがよいと思います。


 例えば少し前まで武田薬品工業が、このランキングに名を連ねていたのですが、医薬品の特許切れをにらんで行った買収費用が利益を押し下げて、不透明感を増幅させていることによるものでした。


 確かに、買収後新薬開発に成功するかは不透明で、買えないという判断もあり得ます。


 しかし、武田薬品工業といえば、日本の医薬品最大手。


 優秀な従業員さんを多数抱え、「日本の優秀企業研究」という本でも紹介されていた企業です。


 日経の多角的経営評価システムでも、毎年上位につけています。(参考記事


 さらに、信越化学工業と共に20年減配のない企業でもありました。(参考記事


 つまり、良いビジネスが安売りされていた可能性も高いと思います。


 なお、最近ではトヨタ自動車も一時3%を超えていました。


 他にも、優秀とされる企業が、同程度の配当利回りで取引されていましたよ。


 なんでもかんでも安くなっていますね。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
高いのが多いですね。
でもまだまだ買い場でないはず。
というわけでブログにも書きましたが、資金のほとんどを1年もの
高金利ネット定期に回しました。
様子見です。
この間は無担保の個人向け社債を買いました。
発行体は東京三菱UFJ銀行とピカ一。
利率は2.3% 期間8年が難ですが。笑。
2008/08/13(水) 19:04 | URL | あくび #-[ 編集]
確かに、株は短中期的には需給ですよね。
誰も買いたくないから、ズルズルとこういう値段になっているわけでして。
でも、僕のスタイルからは、まごまごしてる場合じゃない、今のうちに少しでも買っとけです。
株式を債券のように見ているので、目先でどれだけ下がろうが構いません。
明日、売買停止になっても会社が存続していればいいのです。
僕にとっては、買って良い時期というのは皆が買わない時でして、今もそうです。
恐怖の残る間にコツコツと買い下がっていきますよ~。
(≧▽≦)b

去年の12月が景気の転換点だったとして、最短で次の転換点が来ても約1年半。
となると、次の転換点が来年の6月頃。
株価が半年から1年先を見越して動くとすれば、今年の6月から12月の間に底をつけるかなと。
これが現在の超楽観的シナリオです。
1、2年ずれ込むことは覚悟していますよ。

欧米の長期投資家も既に動いていますし、目先の損さえ我慢できるなら、ファンダメンタル的には随分前から買っていい値段だと思っています。
ただ、それぞれにリスクとのお付き合いの仕方が違うので、自分が納得いく方法でやるのが一番でしょう。
一時撤退というのも、十分ありだと思いますよ。
2008/08/13(水) 23:39 | URL | あくびさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する