株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 自分で行う選択が有利な点を考えてみましょう。




 まず銘柄選択について言えば、素晴らしい企業を自分で選んでポートフォリオを組めること。





 一般のファンドのように、売買や組入銘柄の頻繁な入れ替えをすることなく、長期保有に徹することができること。

 残念ながら素人が考えるほど、ファンドマネージャー達は上手に売買できません。

 だからこそ、インデックスファンドに人気が集まるのでしょう。





 お金が株式市場から逃げている時にこそ、選んだ企業の株価を下支えするために、リスクマネーを提供できること。





 結果として、売られている時に買うことになるので、割安な価格で購入でき投資収益も高くなるであろうこと。





 一般のファンドのように、解約に備えて現金を用意しておく必要がないこと。

 このせいで、ファンド購入資金のいくらかは預金と同じになっちゃいます。





 高い手数料を支払う必要がないこと。

 良いビジネスを、(売られている時に買って)、ずっと保有するという簡単な作業に、一体どうやったら高い手数料が発生するのでしょうか。

 恐らく、売買で上手に立ち回ったり組入比率を調整したりして、お金を増やせるからだということになるのでしょう。

 しかし、上手に立ち回るのは困難ですし、社会的責任投資なのに最初から売ることを考えて投資するのは趣旨に反していると思います。

 組入比率にしても、時価総額や自分の応援したい度合いに応じて自分で決めれば良いと思います。

 僕の考える買ってもいいSRIファンドの条件は、販売手数料ゼロ、信託報酬手数料1%以内(運用資産が増えれば十分やっていけるはず)、組入銘柄の大部分において賛同できること、組入銘柄に絶対に投資して欲しくない企業がないこと、運用する人の顔や哲学が明確に見えること、です。

 探し方が悪いのかもしれませんが、今のところ発見できずです。

 なお、余談ですが、SRIファンドに限らず、ファンド購入の際に組入銘柄のチェックだけはきちんとしておいた方が良いです。

 僕の経験上、ファンドの名前やイメージで投資し、大きく値下がりした時に組入銘柄をチェックしてみると、自分なら絶対に組み入れない銘柄が入っていて、それがダメージの原因だったことが度々あったからです。







 一個人投資家として、自分が良いビジネス活動をしていると思う企業を選んで、売られている時に買う。


 そうすれば、結果として個人投資家としての社会的責任を果たしつつ、投資収益もついてくるという欲張りさんな投資ができてしまうのではないでしょうか。


 また投資収益どうこうより、自分で企業を選んで皆が売りたくて困っている時に買ってあげるのが、一番の社会的責任投資じゃないですか!


 ということで、自分でポートフォリオを組むのが一番の社会的責任投資の方法ではないか、というお話でした。


 次回は、銘柄選択についてです。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する