株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 あなたは情報通の投資家として皆に一目置かれています。あなたの行動に従えば間違いなく儲かるというので、皆があなたの投資行動を注視しています。今ここで、あなたの元に株価を上げる情報が飛び込んできました。他の投資家には知られていない情報ですが、皆が鵜の目鷹の目であなたの行動を見ています。あなたは、どうしますか?







 最近、本を読んでて、自分が思っていたのと異なる事実を知ったので、書いておこうと思います。


 上の問題は、その事実に関係します。


 答えは、この欄の左下、追記に書いておきます。



 この場合、まずパニック状態に陥ったようにみせて、売り浴びせるとよいそうです。


 そうすると、鵜の目鷹の目で見ていたハイエナ投機家が、こぞって売りに走ります。


 それはもうパニックのように売り浴びせられて、株価は当然、「もうだめ~、勘弁して下さい!」ってところまで値下がりします。


 はい、お膳立てが出来ました。


 ここから一気に「買い」です。


 あらん限りの資金を振り向けて買いまくります。


 やがて株価を上げる情報が到達し、今まで売っていた人たち、情報を得た人たち、皆が買いにきます。


 後は、お腹いっぱいのご機嫌売りで終了です。







 これはナポレオン戦争の最終戦、ワーテルローの戦いでイギリス軍が勝利した時、ロスチャイルドが実際に行った方法だそうです。


 ウェリントン公率いるイギリス軍の勝利をいち早くロンドンで知ったロスチャイルドは、あろうことか売り方に回って一生懸命売り始めたそうです。


 これを見た他の投機家たちは、イギリス軍が敗北したと思い込み一斉に売り浴びせました。


 株価がもうこれ以上下がらないというくらい下がったところで、ロスチャイルドは一転して買い始めます。


 やがてイギリス軍勝利の報が伝わり、市場は売りから買い一色になりました。


 この時の投機でロスチャイルドは莫大な財産を築き、以後の繁栄の基礎をつくりあげたそうです。


 ちゃんちゃん。







 ナポレオン戦争の時に投機で儲けたことは知ってましたが、こんな技を使っていたことは知りませんでした。


 ちなみに、配当金太郎氏の答えは、「買いまくるに決まっとるやろがい!」です。


 投機は止めておいた方がよいようです。


 なお、このような人の裏をかく戦術をたびたびとると、間違いなく嫌われます。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
情報を知った時点で大量に仕込む。
そして堂々と購入したと宣言をする。
するとみんな自分の後に買ってくれて後押しに。
その後情報が知れ渡り、さらに上げる。
そこで売り逃げ。
単純すぎるかな。
2008/04/22(火) 23:54 | URL | 京 #-[ 編集]
一緒に、地道な投資で投資先の企業に頑張ってもらいましょう~。

2008/04/23(水) 17:31 | URL | 京さんへ #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/04/23(水) 19:01 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する