株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 会社四季報 2008年 04月号はもう買われたでしょうか。


 普段買わない方も、ここから株価が回復して底を打ったと分かるまでの期間は、買ってずっと保有しておくといいかなと思います。


 何せ、歴史的な割安価格でしょうし、長期投資の参考データがたくさん得られるでしょうからね。


 今回の四季報では、独自調査で「自己株の処理方針」という、とっても有り難いデータも載せてくれています。


 株価暴落をこれ幸いと自社株買いをしている企業も多いと思いますが、これによって取得した自己株式をどうするかは様々です。


 処理方針としては「金庫株」「処分」「消却」がありますが、このうち株主還元策として最も歓迎すべきは「消却」です。


 「消却」がなぜ良いかというと、文字通り消えて無くなるので、会社の利益を割ることになる株式数が減少し、1株利益が増加するからです。(パイが同じ大きさなら、分け前が増えるように、食べる人数が少ない方がよいのと同じ理屈。)


 これが景気後退期は株価下支え、景気回復期には大きな果実となって現れてくるはずです。


 これに対して、「金庫株」「処分」は将来流通する可能性も残され、株主還元策としてはやや不十分な面があると思います。


 この暴落局面で、自社株買い&消却をやっている企業は、株主還元策に積極的な企業といっていいでしょう。


 僕の持株の中では、「無論、オムロン」が一定の取得枠を超える自己株式につき消却する予定です。(←ちょと自慢)


 それから「トヨタ」も消却をしてくれるようですね。(←これまた自慢)


 自社株買い&消却の良い面は、これにより余剰資本を株主に返却することと同義になり、株主資本利益率(ROE)の改善にもつながる点、経営側にとっても買収防衛策として機能する点もあげられます。


 自社株買いの利点である、株価の維持もあげられるでしょう。


 高値でつかんじゃった株主さんにとっても、こういう形で暴落時に企業が助け舟を出してくれるのは有り難いことだと思います。


 何より、税金を取られずに株主還元が行われる点で、10%の税金を持っていかれる配当金よりも余剰資本の使い方として優れていると思います。(国税の御役人様、増えた後できちんと納めるから勘弁してけれ。)


 バフェットさんも、優良企業がこういった暴落局面で自社株買い&消却で株主還元をしている点を指摘していました。


 ここで消却を行うような企業は、資本効率を表すROEも高い傾向があると思います。


 ROEは長期に渡る投資収益に影響してくる数字ですので、注目しておきたい数字です。


 会社四季報 2008年 04月号のデータで、オムロン、トヨタ以外に気になった「消却」を選択していた企業さんは、7&iHD、シマノ、花王です。


 どれも「日本の優秀企業」で紹介されていた企業ですね。


 ところで、仮にこれらの優秀企業が、「金庫株」を選択して企業買収時に自社株を使ったとしましょう。


 買収される企業が、これら優秀企業を上回るパフォーマンスを持つ企業であるなら、或いは優秀企業の業績拡大に貢献できるなら、これは株主還元策としての意味を持ちます。


 しかし、ありきたりの企業を買収する場合には、どうでしょう?


 シナジー効果が出ればいいのですが、そうそう事はうまく運ばないでしょう。


 これらの優秀企業を上回る企業はそうそうないでしょうから、優秀企業にとっては自社の買収、即ち自社株買いとその消却が最も合理的な選択肢となるのだと思います。


 ということで、自社株買いと消却は、僕の一番好きな企業の株主還元策です。


 トヨタとオムロンは、絶対に売らんぞッ!(他も売らんけど)


株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
ギャグ無論オムロンを含め(笑)、参考になりました。
2008/04/05(土) 08:09 | URL | ゆか #-[ 編集]
「無論、オムロン」は、オムロンのCMで出てくるキャッチコピーなのですよ。
語呂がいいので、気に入ってます(笑)。

2008/04/05(土) 09:13 | URL | ゆかさんへ #-[ 編集]
始めまして。
あるブログに
「fc2だったら秘密のコメントで交信できたんですけどね~、残念。」と書いたのを読ませていただいたですが、
どういうことでしょうか?
説明のことをお願いしたいですが、
ご都合が良いときによろしくお願致します。
2008/04/05(土) 16:52 | URL | 安 #-[ 編集]
初めまして。
あのコメントを読まれたとは、目ざといですね。

このコメント欄の下に、

秘密: 管理者にだけ表示を許可する

という項目があると思います。

その項目の四角の部分にチェックを入れて送信ボタンをクリックすると、ブログの管理者だけにしかコメントが読めないシステムになっているのです。
この機能を使うと非公開でコメントのやりとりが出来るので、ブログを読む不特定多数の人を意識せずに、仲良くなった人と匿名で色々なお話ができるというわけです。

2008/04/05(土) 21:43 | URL | 安様 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/04/06(日) 07:37 | | #[ 編集]
どういたしまして。
短期売買は誘惑にかられて、とんでもない話にひっかかりやすいので、お勧めはしません。
2008/04/06(日) 22:34 | URL | 安様 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/04/30(水) 14:17 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/22(日) 21:29 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/10/09(水) 20:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する