株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 最近、とある保有企業のストックオプションを見て、考え込んでしまいました。


 随分、発行予定株数が多いなぁ……。


 ストックオプションというのは、会社の取締役や従業員に対して新株予約権等の形で与えられる自社株式の付与のことです。


 有償(金を払って受け取る)であったり無償であったり、業績に連動した形であったりなかったりと付与の方法も様々です。


 バフェットさんに関する本では、今までの制度の中でも最悪のものだという指摘がされていたと思います。


 何が悪いのかというと、特に新株発行によって付与される場合、既存株主の1株利益を減少させてしまうことです。


 また特定の人間に付与されることによって、会社の議決権比率に影響が及び、これまた既存株主の議決権比率を落とし、会社の不公正な支配につながるおそれが出てきます。(上記2つの問題点は、ディスカウント価格で新株が発行される第三者割当増資と同じです。)


 買収防衛策的に、このストックオプションを導入している企業もあると思います。


 予めストックオプションを設定しておいて、敵対的買収者が現れたら新株予約権を行使し、相手の議決権比率を低下させようという意図です。


 また、取締役等が巨額報酬を得るための方法として使われることもあるようです。


 実際、金額でこれだけ付与されましたと出るわけでもないので、通常の報酬と比べて見落としてしまいがちです。


 制度発祥の地、アメリカでも経営陣が随分美味しい思いをしたようです。


 上村達男・早稲田大学教授の本によると、日本でもこういう方法をフェアでないとうすうす知りながら取り入れている企業もあるみたいです。


 もちろん、ストックオプションには利点とされる点もあります。


 経営陣や従業員が株式を保有することによって、株主の立場に立つことになり株主価値の最大化を意識するようになるとか、将来得られる株式の価値を高めるために一生懸命になるといった類の理由です。


 でも、僕が知る限りでは、良い企業の経営者と従業員はストックオプションなどというニンジンが無くても、社会的使命感や仕事に対する誇りといったものに突き動かされ、ナリタブライアンやディープインパクトのように突っ走ってくれます。


 つまり、ストックオプションは、一般株主にとってフェアでない制度である可能性の方が高いと思うのです。


 もうちょっと言うと、資本参加して株式会社の主体的地位を保有する人たちという本来的意味よりは、オーナー経営者や従業員が稼ぐ利益のおこぼれを頂戴する人たちといった位置づけに一般株主を追いやる制度のような気がしています。


 自分の仕事に自信や愛着があるなら、ストックオプションなどなくても、もらった通常の報酬で自社の株式を買うはずではないでしょうか。


 どういった制度を組むかにも拠ると思いますが、今後、ストックオプションを導入した企業が、どのような成績を収めていくのか興味のあるところです。


 個人的には、ストックオプションの導入は基本的にマイナス評価で臨みたいと思っています。


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
私もストックオプションについては『株主がリスクを背負っている一方で、あんたら一体何やってるの?』
って思いますね。

資金が不足している創業間もないベンチャー企業が優秀な人材を確保するために発行するストックオプション(未来の成長の前借ですかね)なら分からなくもないですけど、成熟企業が発行するストックオプションは経営陣による会社の私物化に他ならないと思います。
2008/03/17(月) 20:13 | URL | CHARO #-[ 編集]
同じく、私の持ち株でもストックオプション付与のようです。
ただ、毎年の条件は株価の中期下落トレンドに連動して、下がってるので、ちょっと戻れば、条件が行使できそうになり、これが株価の頭を重くしてると思います。
今年の市場暴落でも、ストックオプションの付与を継続する企業が大半のはずで、さらに行使条件が下がりますよね。
つまり、将来の売り要因ですわ。
2008/03/17(月) 21:26 | URL | あくび #-[ 編集]
ベンチャー企業でも、それなりの報酬を得ている場合には、問題が大きいですよね。
それなりの報酬がいくらなのかは、これまた難しいところなのですが。
でも、食えないような報酬であるわけはないし。
業績が上がれば、報酬で報いるという方がフェアな気がしますね。
僕も会社の私物化という表現がピッタリだと思います。
2008/03/17(月) 23:09 | URL | CHAROさんへ #-[ 編集]
なぜにかくもしょうもない制度ばかり真似しようとするのか、甚だ理解に苦しみますね。
真似をするなら全て真似ればいいんですけど、鬼のSECのような公平を担保する機関は真似ないわけです。
とりあえず、今保有している分は良いとして、買増しはなしでいきたいと思ってます。
新しく買う銘柄は、一応気にしておきたいですね。
2008/03/17(月) 23:16 | URL | あくびさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する