株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 外国人投資家はどのような戦略や考え方で投資をしているのでしょうか。





 まず、彼らの間では、政府の出す政策によって経済の動向が決まるという考え方が支配的のようです。


 従って、日本政府や日銀の政策決定も彼らの投資活動に大きな影響を与えていると言えるでしょう。


 彼らが安心して投資できないような政策決定をしている場合は要注意です。





 次に、政治的なリスクに過敏に反応する傾向があるようです。


 最たる例が、中東情勢ですね。極東では、北朝鮮のミサイル発射。さらには、同国の核実験の動向なども注視しているものと思われます。


 紛争の火種がくすぶっているような場合は、その動向に注視しておくべきでしょう。





 そして一度、事が起こって有事となれば、株式からより安全な債券へ資金を移動していくそうです。


 グローバル化した世界では、一カ所で起きた紛争が様々な影響を及ぼします。


 場合によっては、彼らと同じく保有株式を一旦売り払って、様子を見ることも必要となるでしょう。


 と書いていたら、北朝鮮による核実験の報道が!


 今日の株式市場は荒れ模様になるんでしょうか。


核実験の影響は?人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


 

コメント
この記事へのコメント
外国人の買いを見て思い出しましたが、昨年の郵政解散の瞬間から急騰を始めたのは外国人だったのですよね?

個人投資家は売り越しが多く、外国人は買い越しが多いように思いますが、実際はどちらが儲かっているんでしょうね。
いずれにしても、北朝鮮はなんとかして欲しいものですよね。
2006/10/10(火) 23:40 | URL | muramura #-[ 編集]
<株式からより安全な債券へ資金を移動していくそうです。
へぇー、そぉなんですかぁv-291
これで今日もひとつ勉強になりました 笑



2006/10/10(火) 23:51 | URL | ☆merochiku☆ #-[ 編集]
何に好感を示すかというのは、正直分からないところもありますね(笑)。
とりあえず、改革、改革とお題目と唱えて政策決定していると良さそうです。

実際はどうなんでしょうね。
投資については、向こうの方が一枚も二枚も上手なような気はするのですが(笑)。

北朝鮮は大迷惑な国ですが、この国の存在は、冷戦、その前の日本の植民地支配も関わってますからね。
色んなツケが、ここで回ってきたのかもしれません。
核拡散のドミノ現象が起こらなければいいんですけど。
2006/10/11(水) 01:00 | URL | muramuraさんへ #-[ 編集]
有事の際は、お金を安全なところに避難させてあげるってことは、心掛けた方がいいかもしれませんね。
外国人投資家にお金を抜かれちゃうと、株価はジリ貧でしょうしね。
2006/10/11(水) 01:06 | URL | merochikuさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/39-60b095de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック