株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 ここ20年で株価がぐんぐん上昇した銘柄として、任天堂が脚光を浴びています。


 任天堂も素晴らしい企業の1つなのでしょうね。


 何が良いって、仕事の内容が楽しそう。


 仕事が「楽しい」と、きつい仕事でも不思議と「楽」に感じます。


 最近は働き過ぎで過労死や自殺の問題も出てますが、職場全体が「楽しくない」場所になってしまっているような気もします。


 楽しくて楽しくて仕方のないことをやったために死んでしまった、なんて話はまだ聞いたことがないですからね。


 仕事が楽しいと集中力も増しますし、飽きもこないです。


 結果、やりがいも出てきて良い循環が生まれ、社会が必要とする物やサービスを産み出すことができる。


 ということで、「楽しそうなことをやってる企業さん」を探してみるのも良いかなと思ってます。


 何が楽しいかっていうと、やはり、誰も真似できないような新しいこと、人をワクワクさせるようなことに、どんどん取り組んでいくことでしょうか。


 アメリカではアップルがそうで、こちらも株価がえらいこと上昇してるみたいですしね。







 ここで注意しておきたいのは、現在、任天堂を買うのではなくて、将来の任天堂を探すことですよね。


 長期投資にとって株価が上がってしまった今、任天堂を買うことは、「泥縄」以外の何ものでもないですから。


 それに任天堂は、今のところ生活にどうしても必要な物は造ってないですからね。


 飽きられてしまうと、次のヒット商品を造るまでに試行錯誤をしなければいけないわけですから、個人的にはその時まで待った方がいいかなと思ってます。


 因みに、こういう時はテレビ、新聞ではあまり取り上げられません。


 取り上げられても、いい内容ではないでしょう。


 ソニーにゲーム機の主役を奪われていた時代を考えれば分かりますよね。


 こういう時には、株価が「相応の値段」に落ち着いているでしょう。


 どうしても任天堂が欲しいなら、今から4、5年前のPBRやPERを調べておいて、将来、任天堂への投資に生かすというのも1つの手かなと思います。







 ところで、かくいう僕も任天堂がまだ1万円台だった頃に、買おうかどうしようか迷ったことがあります。


 1単元だと100万円になってしまうので、拘束される資金が多すぎて結局諦めたのですが、今から考えると単元未満株で10万円くらいを投資しておいても良かったなと後悔しています。


 応援したい企業さん、これと見定めた企業さんがあるなら、自分の出せる範囲で単元未満株を購入しておくということも考えておいて損はないと思いました。


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
任天堂は遠くへ行ってしまったので(笑)、今の監視50銘柄を応援します。

任天堂は為替を含めリスクも大きいので危険ですよね。
2007/10/26(金) 08:38 | URL | ゆか #-[ 編集]
今では任天堂の商品はバカ売れしてますが、以前は負け組みという感覚を受けていました(業績は見てないので実際は分かりません。
そう思うと、将来の任天堂を探すのは困難だろうなと。
だってみんなそう思ってたから株価も安かったのだろうし。
でもかなり割安な水準ではあったんですよね。

ちょっと関係ない話ですが、任天堂のように長い期間ず~っと上げ続ける銘柄って低位株ではあまりないですね。
ほとんど1000円を超える銘柄。
低位株はデイトレのおもちゃにされるからかな。
2007/10/26(金) 22:49 | URL | 京 #-[ 編集]
僕としては4万円台を超えたあたりから、もう絶対に手が出せない領域(笑)。
既に8合目まで来たという指摘もされてました。
後は、中国や韓国といったアジアでの稼ぎがプラスされて、下がってくる展開でしょうか。
これで絶対に必要なモノになったら、えらいことなんですけどねぇ。
2007/10/27(土) 23:29 | URL | ゆかさんへ #-[ 編集]
任天堂を5年前に仕込むなんてことは、よっぽど好きでないと難しいでしょう。
実際、僕だって家にあるのはPSの方で、最近ようやくDSを手に入れたくらいですからね(笑)。
負け組という評価は正しいと思います。
現在価値から考えると割安ですが、5年前でもPBR1・65倍、PERは20倍程度です。
これで自信をもって割安として買えるかは、非常に難しいです。
ですから、気になっているものがあるなら、単元未満株で組み込んでおくのがいいかなと。
もう1つ、バフェットさんは絶対にこの銘柄に手を出さないと断言できます(笑)。
ただ、任天堂もアップルも社会のニーズを捉えるのが上手な企業であることは事実でしょう。
ですからね、今度株価が落ち込むというか、適切な値段まで来たら、遊びでほんのちょっと組み込んでおく。
時間はかかるでしょうけど、面白いことになりそうな気がします。

そっか~、低位株はそもそも成熟産業や業績不振の企業さんが多くて、なかなか長期間に渡る成長のきっかけがないことも原因かもしれませんね。
成長のきっかけを嗅ぎ付けられたら、逆に面白いことにはなりそうだけど、ないか(笑)。
2007/10/27(土) 23:43 | URL | 京さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する