株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 飛行機について書いたので、ついでに書いちゃえ。


 ってなわけで、次世代旅客機B787ドリームライナー銘柄をあげておきます。


 既に公開式も終わり、初号機(←エヴァンゲリオンじゃないですよ)がローンチカスタマー(開発を決定づけたエアライン)の全日空に引き渡されるまで1年弱。


 既にボーイングは700機近くの受注を抱え、民間機史上最速のペースで受注を伸ばしているようです。


 機体の大部分が日本企業によって生産され、日の丸旅客機の呼び声も高いようですね。


 鼻息が荒いのも無理ないですが、ここは日本らしく謙虚に「国際共同開発」と言っておきましょう。







東レ

 このブログで何回取り上げたことでしょうか。炭素繊維複合材を提供し、従来機より20%もの燃料費削減に大きな貢献をしています。


住友化学

 炭素繊維複合材の強度を高める樹脂ポリエーテルサルホンを供給。


富士重工業

 中央翼を手掛ける。車好きも注目ですね。


三菱重工業

 主翼を担当。もうね、色んなものを造り過ぎててね、凄いですよね。H2ロケットの打ち上げにも関わってましたね。国産旅客機MRJでも注目です。


川崎重工業

 前部胴体を担当。新幹線N700系銘柄でもありましたね。


ブリヂストン

 タイヤを供給。飛行機の巨体を着陸時に受け止めるタイヤは、縁の下の力持ちですね。


ジャムコ

 厨房、トイレの供給。飛行機の居住性アップにはかかせない企業ですね。因みに、B787では温水洗浄便座を導入しているそうです。これ、鉄道にも採用されそうじゃない?


住友精密工業

 飛行中のエンジン停止時、駐機時に使用する補助動力装置を供給。


パナソニック・アビオニクス・コーポレーション

 映像・音響機器の提供。松下電器産業グループ子会社。


ナブテスコ

 空調や燃料ポンプなどの機器を集中制御する電源装置の提供。


多摩川精機

 操舵用センサーの供給。非上場会社。残念。







 今後の航空機需要や、それ以外の需要にもガンガン対応していける企業さんだと思ってます。


 色んな事を調べて知れば知る程、株を買って資本参加したい企業さんが一杯で困ってしまいますね~。


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
ついこの間も国内線の飛行機に乗りましたが、飛行機一番の欠点は搭乗手続きの煩雑さではないでしょうか。

結局移動時間トータルで考えたら、新幹線と大差無いなんてことが往々にしてあります。

この問題さえなければ、国内移動でも存在感を増せると思うのですが・・・

スキップサービスに貢献している企業にも注目ですかね?
2007/09/16(日) 00:32 | URL | CHARO #-[ 編集]
搭乗手続きは面倒ですよね。
ついでに、離着陸時に席から動けなかったり、安定飛行に入ってからでも席から立つななんて言われてね。
時間も仰る通り鉄道と大して違わないし。
すんげぇ不便な乗り物だなって思います。
上にあげた不便さの1つの原因である乱気流対策は、787でも格段に進歩しているようで、コンピューター制御で素早く機体を立て直すことができるそうですよ。

僕は今後、小型航空機の需要が伸びるかな~と思っています。
拠点間を素早く結び、多様なニーズに応え、御指摘の不便さを取り除くには、こういう方向かな~なんてね。

某社のスキップサービスは、搭乗手続きの煩雑化防止に一役買ってくれるでしょう(笑)。
それより、と、東レ~。
株式を3分割してくれ~!
2007/09/16(日) 06:57 | URL | CHAROさんへ #-[ 編集]
応援したい会社の株を30万円以下程度づつ広く分散して保有するやり方が精神的に一番長期保有が可能(満足できる)な方法なのではないかと思います。
たぶんこの考えは配当金太郎さんの影響をもろに受けていると思いますけど・・・v-10

で、東レもプチ株制度を使えば30万円程度の資金でも保有できます。
単元未満株の保有は中途半端で、なんとなくスッキリしませんが、結構使い勝手の良い制度かもしれませんね。
2007/09/16(日) 20:59 | URL | CHARO #-[ 編集]
僕は志が低くて、市場に勝つとか、優秀なファンドマネージャーをコンスタントに打ち負かすとかいったことはできないと諦めているので、こういうやり方なわけです。
もっと資金があったら、さわかみの動きを見ながらさわかみを打ち負かす(結果的に市場も打ち負かす)ことはできるかなと思うんですけどね(笑)。

本音を言えばね、新興国のこれと見定めた国のインデックスを、もう何が何だろうが鬼ホールドして下がった時に買い増していくのが、長い目で見ると一番いいかなと思っています。
具体的にはインドを考えているんですが、ここは地勢、言語、総人口、人口構成、市場に供給される人材、強かな政治・外交、世界に散らばる印僑の存在、何をとっても宝の山に見えます。
地勢でいうと中東、アフリカをにらみ、これから発展していく東アジアとも、欧州とも絶好の位置関係(そりゃそうだ、だからこそ大英帝国ががっちりと抑えてたわけですから)。
日本で言うと、愛知、岐阜の辺りと似ている感じ。
言語は植民地だったお陰で英語がOK。
ITでアメリカとも繋がり、人材も豊富に供給可能。
もちろん目先の利益を追っては、リスク(ボッタクリリティ)が高くてとても投資なんてできませんけどね(笑)。
でも、明治維新後の日本や敗戦後の日本だって、欧米から見れば似たようなものだったでしょう?
一応、そういう風に考えているんですが、やっぱり日本と日本の企業が好きなんですよ。
澤上さんの考え方だって好きですし。
この好きっていう価値には、どんな魅力的な投資対象も代え難いんですよね。
ということで、ブログではよく「お布施」という見返りを期待しない表現をよく使ってます。

ブログ開設から1年経ったので、そのうち今考えていることを書いてみようかなと思ってます。

東レの単元未満株は、今日も頭を悩ませてくれました(笑)。
でも、どう考えても手数料が割高。
これを気にしないなら、1単元が1000株ですから、400株くらい持つのもありかもしれませんね。
下がったら買い増せばいいし。
丁度、株価が落ちてきてるんですよね~。
食指が動くんですが、同時に帝人さんも下がってきてるんですよ。
悩ましいの~。
2007/09/16(日) 23:22 | URL | CHAROさんへ #-[ 編集]
インドですか。
一度インド旅行に行ったことがあるのですが、やっぱり今でもカースト制度ってやつが色濃く残っていました。(ガンジーを生み出した国とは思えない・・・)
けっこうショッキングな場面にも出くわしましたよ・・・

他にも国内ではヒンズー教とイスラム教の対立なんかもありますし、外に目を向ければパキスタンと犬猿の仲ですし、多くの解決が困難な問題を抱えている国だな~というのが印象でした。

同時に、これらの問題を内に秘めたままでも、発展していけるような たくましさも感じましたけどね。
2007/09/17(月) 00:05 | URL | CHARO #-[ 編集]
そうですね。
仰るとおりで、解決すべき課題も山積しています。
広がる貧富の差や根強く残る差別は、暴発すれば市場経済を一撃で葬り去る可能性もあります。
でも、そういうのを吹っ飛ばすくらい、新興国の持つパワーって凄いですよね。

インドは問題が山積しているんで、ガンジーみたいな人が必要だったと考えてみればどうでしょう。
英雄や偉人の必要な国は、実は多くの人にとって不幸な国だったりして。
問題がなければ、解決しようとする人だって必要ではありませんもんね。
カーストについては、酷い話もたくさん聞きます。
実際に見たら、ショックも大きいでしょうね。

問題も多いのですが、それを差し引いても超長期で考えると魅力は大かなと。
今回、安倍首相に同行して経済界の人達もぞろぞろ訪問してましたが、インドの戦略的重要性を示す事象かな~なんて思いで見てました。
インド市場への投資が怖ければ、インドへ進出している日本企業への投資でリスクヘッジってなことを考えてみるといいかもしれませんね。
日本の企業がインド絡みで動いているのを見ると、抜け目なくやってるな~って思います。
自分の持ってる会社だと、小躍りして行け行け~って(笑)。
仮に失敗しても、前向きな失敗はよしとしなければね。
2007/09/17(月) 07:31 | URL | CHAROさんへ #-[ 編集]
こんばんは~(`o`)

また、やってしましましたよ~!

三菱UFJニコス天才的な狼狽売りですよ・・(`o`)
2007/09/20(木) 20:45 | URL | しんえもん #-[ 編集]
師匠のその判断は、中長期的にみると全くもって正しいかと思うのですが(笑)。
今まで売った銘柄は、結果的に正しかったではないですか!
今度はお金を増やしてくれる銘柄に乗り換えちゃいましょう。
o(^∀^*)o
2007/09/20(木) 23:34 | URL | 師匠へ #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/18(水) 15:53 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/26(木) 18:40 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/10/08(火) 19:04 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する