株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 100万回売買した猫がいました。


 買っては売り、買っては売り、1日として保有したことはありませんでした。


 株式市場では、次から次へと魅力的な株価の銘柄が現れ、猫はその度に買って、すぐに売り抜けました。


 やがて猫は、素晴らしく魅力的に思える銘柄に出会いました。


 猫は初めて保有を開始し、一夜を過ごしました。


 時を過ごせば過ごす程、魅力は増していきます。


 猫はすっかり夢中になりました。


 やがて、その銘柄は配当金を生みました。


 猫は嬉しくなり、銘柄を保有し続け配当金と共に暮らしました。


 しかし、銘柄の勢いは衰え、配当金を生まなくなり、やがて株式市場からもこの世からも消えてなくなりました。


 猫は声をあげて泣きました。


 そして、そのまま寝込んでしまいました。


 猫は二度と株取引をしませんでした。


 おしまい。







<配当金太郎氏の感想>


 激しい回転売買をするより、銘柄に惚れることの大切さを教えてくれる美しいお話ですね。


 かーっぺっぺっ!







<今日の格言>


 銘柄に惚れるな







<名作紹介>


 100万回生きたねこ


 長い間読み継がれている絵本の名作。素晴らしいお話です。お子様に是非。


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する