株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 暴落局面も株価が反発して、一旦小休止……してくれるといいのですが、まだまだ予断を許す展開ではないのでしょうね。


 短中期のプレーヤーさんは、目先で株価がジェットコースターのように上がり下がりするので大変でしょう。







 僕はこの暴落に備えて現金を抱えていたので、予定の株価に達したところでさっさと買っちゃいました。


 銘柄選択に関してですが、今までせっかくSRI(社会的責任投資)とか、環境に配慮した企業活動とかを勉強してきたので、自分のお金の使い方にもそれを生かしたいなと考えながら選んでみました。


 前に書いた、「環境ブランド調査の結果」という記事と、「太陽光発電銘柄」という記事が、今回の選択の基本です。


 まず1つは、今回の暴落中に記事にしたイオンです。


 環境に配慮した活動をしているということで、世間様にも認知されているようですし、原油価格の値上がり報道の際にも、いち早く生活必需品の値上げはしないと発表。


 新潟県の地震の際にも、すぐに供給体制を整えると発表するなど、見ていて気持ちのいい企業活動をしてくれています。


 何より、美味しいのが株主優待。


 長くお付き合いするという前提では、個人的に十分割安なお値段になっていました。







 次の銘柄はホンダ。


 環境ブランド調査では、堂々の2年連続2位(1位はトヨタ)。


 予想配当利回りでも2%を超え、株主優待も付いています(但し、ホンダ信者以外の人には使いようがないかも)。


 そして、シリコンを使わない次世代CIS太陽電池の開発・生産。


 シリコンは半導体の原材料でもあるため、供給不足から価格が高騰しているようです。


 このような背景からシリコン型とは違う製法にも魅力を感じ、ホンダを選択してみました。


 単なる新し物好きで、シリコン型を開発している世界シェアトップのシャープや、3位の京セラを買うだけの資金余力が無かっただけともいいますが(笑)。


 なお、シリコンの高騰については、最近、新日鉄やJFEなどが、太陽電池向けシリコンの安価な供給体制を築いていくことを発表しており、日の丸太陽電池の先行きは明るくなりそうです。


 また、新しく10月からスタートするガンダム00(ダブルオー)の世界、西暦2307年には、太陽光発電システムが化石燃料枯渇後の主エネルギー源になってますからねッ!


 ガンダムファンも太陽光発電には注目ですよッ!(←相変わらずアホな記述ですね)







 さらに、同じくCIS太陽電池を開発した昭和シェル石油。


 記事で取り上げたこともありますが、配当利回りも高く、燃料電池自動車の燃料となる水素を供給するためのステーション開発にも参加しています。


 将来に備えて動いていることを知って、長期保有したいなと思っていたところ、株価が急落してきたので、これ幸いと買っておきました。


 以前にも保有していたことがあるので、買い戻したという表現の方が正しいでしょうか。


 これで由緒正しき庶民の出の配当金太郎氏もロイヤル・ダッチ・シェルの一員です。


 わーい、わーい、もうこれだけで元は取りましたよ~!(←この記述だけで、どうやっても典型的な庶民を脱せないことがバレてしまいますねッ!)







 それから、太陽光自動追尾型太陽光発電システムを開発したオムロン。


 自動追尾ですよ、自動追尾!


 ミサイルや魚雷みたいに太陽を追いかけるんですよッ!


 凄いですね~!


 ずっと気になっていたんですよね~。


 ようやく株主になって、資本参加できましたぁ!!(←脳みそに蛆がわいているようですね)







 太陽電池銘柄では、気になっていたSESも既に買ってますよ!


 配当利回りが高いのですが、最近赤字も出してて、主力の半導体洗浄装置の先行きも不透明なんでしょう。


 新興市場のジャスダックということもあり、なかなか手は出しづらい銘柄でしょうが、そこはもうおかまいなしです。


 調べて知って気になったなら、もう十分縁があるだろうということでね。







 それから、CHINTAI にも追加投資してます。







 あらッ、調子に乗って買ってたら、今回はたくさん消費投資してますね~!







 さて今後ですが、上記銘柄群は、大赤字を出して明らかに株価が下に行くと予想される場合か、企業活動が納得いかないものであることが判明した場合でない限り、ずっと保有し続けると思います。


 株価が上がり過ぎて株式分割されたら、過熱感のある時に1単元を残して売るかもしれませんけどね。(←またまた獲らぬタヌキのなんとやら……)







 円高?


 知らんッ、海外拠点を増やして対処するでしょ。


 米国不況に国内需要の伸び悩み?


 知らんッ、新興国などの需要のある地域に進出してなんとかするでしょ。


 信用収縮?


 知らんッ、キャッシュを自前で稼いでなんとかするでしょ。


 色々と数字や数値も勉強してみましたが、頭が弱いのと反射神経が鈍いのとで相場を追いかけることはできましぇん。


 大雑把に経営理念を見て、実際の企業活動をみて、現在の状態を見たら、後は経営者の皆さんと従業員の皆さんにお任せです。







 以上の企業にお勤めの皆さ~ん、頑張って下さいね~!







 え~、永久保有予定銘柄ではありませんが、この他にもね、安くなったな~って思う銘柄もちょこちょこ買ってます。


 1つは電力、それから建機レンタル、それにネット関連銘柄も1つ。


 電力は暴落時の防御陣地を構築するため、建機レンタルは建機そのものが買えなくて悔しかったので、ネット関連銘柄はそこのネットショップをよく使うのと野球文化に貢献してくれているからです。


 永久保有予定でないのは、それぞれ、今のところ将来性があまり感じられないし原発が怖い、建機欲しさに勢いで買ってしまったが実際の経営をよく知らない、トップがあまり他人の意見を聴かないタイプのようで、長期間(100年)に渡り成長を続け尊敬の念を抱かれる超優良企業になるのは難しそう、ということが理由です。


 どれもこれも、それなら買うなと言われそうですね(笑)。


 でも、短中期(金太郎さんの概念では5~10年程度)では、十分割安な水準ではないかと考えています。


 上記問題点が解決したら、もちろん永久保有銘柄にする予定です。


 悪い予想が裏切られるといいですね。







 それから、本当はこっちも買いたかったな~って銘柄ですね。


 いずれは買いたい銘柄として、トヨタ、京セラ、東レ、旭化成、コマツ、バンダイビジュアル(←言わずと知れたガンダム銘柄)などを考えています。(←お金がいくらあっても足りませんねッ!多分買い漁るのは無理でしょう。)


 よく見たらね、好きな銘柄と炭素繊維や水処理膜、太陽電池といったテーマで選んだ銘柄を組み合わせると、結構うまい具合に分散投資ができちゃいそうなんですよね。


 太陽電池なんて、それぞれ異なるセクターが参加してますしね。


 猿がダーツを投げても(マルキール教授によると正しくは、猿が上場株式の一覧に向かってタオルを投げて隠れた部分ということらしいですが)、投資のプロに勝つポートフォリオを組めるんですからねッ!


 金太郎さんだって、適当に好きな銘柄を買い漁っていれば、いつかは猿のダーツ並みのポートフォリオになっていますよ………多分。







 以上、もうちょっとだけ買うかもしれませんけど、こんなん買ってみました。


 10月くらいまでは辛い展開が続くかもしれませんが、目先の株価に振り回されないよう頑張っていきましょう!(←もっと長く続いたりして……。)


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
暴落で良いお買い物ができましたね。
やっぱり好きな企業に投資するのがいいですね。
株価が下げても応援していけるだろうし。
というかキャピタルゲインを考えず絶対売らないぐらいの気持ちでの投資もいいなぁ。
2007/08/21(火) 23:11 | URL | 京 #-[ 編集]
どんなに現状を分析してみても、将来起こることはやっぱり分からないです(笑)。
だったら、応援したい企業や自分の生活と関わっている企業を複数銘柄(15~30)保有して、じーっと持ってるのがいいかなと思います。
下がったら買い増し。
上がったらホールド。
子々孫々に渡り保有を続け、配当と優待を受け続ける。
会社を買って所有する感覚でね。
値上がり益を追うと、変なことになるんでね、株式分割でもあって余分な単元を抱えていて、株価が噴いた時にだけ売ればいいかなと思ってますよ。
優良企業を売らずに保有していれば、勝手に株価が上がって配当も増えていくんですから。
2007/08/22(水) 00:11 | URL | 京さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/282-fe4de549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック