株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

バイアウト


 バイアウトは、幸田真音さんの最新作。


 主人公のラーンス・ブラザーズ証券に勤める広田美潮(ひろたみしお)は、32歳の女性。


 ある日、営業攻勢をかけていた、物言う株主として名を馳せる「相馬ファンド」から、証券コード4805「ヴァーグ・ミュージック・エンターテイメント」のブロック・トレード(市場外での相対売買)を依頼される。


 この会社は、24年前に母と美潮を捨てて家を出た父親・三枝篤(さえぐさあつし)が、社長の波野惣一(なみのそういち)と共に長年に渡り育ててきた会社だった。


 相馬ファンドの代表・相馬顕良(そうまあきよし)に自分を売り込むべく、対象となったヴァーグの情報を得るため、24年振りに父親に近付く美潮。


 一方、ヴァーグにはM&Aで急拡大してきた会社、七福神も買収の食指を伸ばしていた。


 七福神のTOBに対し、更に2社がTOBを仕掛け、三つ巴のTOB合戦となる中、生き残りを賭けるヴァーグ、漁父の利を狙う相馬ファンドの思惑が絡み合い、物語は過熱していく……。







 相変わらず軽快な文章で、最後まで一気に読めてしまいます。


 美潮の冴えない同僚・井之上が、とても良い役回りを演じて物語を面白くしています。


 また、父娘の葛藤や企業経営者の悲哀、生き馬の目を抜くと言われる市場の厳しさ、貪欲さ、虚しさなどのテーマも、物語に深みを与えています。


 物語の最後では、いくつかのどんでん返しも用意されていて楽しめました。


 株をやっている人なら、すぐにピンとくる会社やファンドが登場して、何がモデルかななどと考えるのも違った楽しみ方ですね。


 金太郎さんの気付いたところでは、ドンキホーテとか村上ファンドとかライブドアとか。


 後は、リーマン・ブラザーズやさわかみファンドらしきものも(笑)。


 市場をよく知ってらっしゃる方は、もっと思いつくかもしれませんね。


 企業買収や会社法、それから証券市場についてもよく勉強されていて、読んでいて感心しちゃいました。


 最後に謝辞で、弁護士や証券会社の方に御礼を書いてらっしゃいましたが、書くにあたって周到に調べられたのでしょう。


 そういや、弁護士さんに入れ知恵されちゃったのか、物語の後半で「弁護士の粗製濫造による守秘義務の懈怠」といった趣旨の文章があり、思わずニヤっとしてしまいました。


 弁護士しぇんしぇ~、守秘義務違反は、粗製濫造とイコールちゃうのでわ?


 守秘義務なんてのは、法律以前のモラルの問題。


 試験難しくしても、職人肌の少ない今の軽薄な風潮なら同じことちゃうんかの~?


 大体、今までだって表には出ないけど、困った弁護士さんはたくさんいたでしょ~?


 それに、新米弁護士にそれをきちんと教えるのが、あなた方の役目でわ?


 せっかく苦労して受かった試験、簡単にされて弁護士増えて、美味しい思いもできんなりそうなんか知らんけど、もっともらしいこと言うて人を惑わしたらあきまへんえ。


 かりそめにも「士」(さむらい)業を名乗るなら、少々喰えんでも高楊枝くわえとりなはれや。


 物語でちょっと残念なのは、実在のモデルに依拠しすぎたことでしょうか。


 お話が少しだけ安っぽくなってしまった感じがしました。


 もっとも、これは個人の好みの範囲で、株式市場なんて興味ない人には、実に新鮮な物語に思えるでしょうしね。


 株をやってる方はもちろん、そうでない方にもお勧めの一冊です。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


短期注目銘柄

コメント
この記事へのコメント
先月、幸田さんがオープニングベルに出ていた時にこの本を宣伝していましたよ。
読んでみたいなぁって思いましたね。
2007/06/01(金) 21:48 | URL | ゆか #-[ 編集]
そうでしたか。
僕は新聞広告で見て。
この前、京さんに紹介してもらった「あきんど」の著者だったので、面白いだろうなと思って読んでみました。
ゆかさん、株式市場のことをよく勉強していらっしゃるから、きっと面白いはずですよ。
2007/06/01(金) 22:34 | URL | ゆかさんへ #-[ 編集]
あ~幸田さんの新作出たんだ~。
図書館で発見次第絶対読みます!
楽しみです。
M&Aというテーマもそそられます。
勉強にもなりそうですね。
2007/06/01(金) 22:42 | URL | 京 #-[ 編集]
もう図書館に出てると思いますよ。
是非、読んでみて下さい。
勉強にもなります。
M&Aもなかなか凝った話になってます。
2007/06/01(金) 22:59 | URL | 京さんへ #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/07/19(木) 11:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/236-a8dfee3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「バイアウト(文藝春秋)幸田真音」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年6月14日収集分...
2007/06/15(金) 00:06:10 | 本の口コミ情報:ブログでbook!