株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 エルピーダメモリの社長、坂本幸雄さんがNHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出て、大きな反響があったみたいです。


 火曜日の特集でも再登場してました。


 社員に社長と呼ばれない社長、素敵でした。


 また、そのことを指摘されて事も無げに、「社長って呼ばれてるような会社はダメだよね。」だって。


 会社という人が集まる組織において、リーダーがどうあるべきか、改めて考えさせられます。


 前回の放送の時も見ていたんですが、200億を超える大赤字を出してわずか1年で再建したことについて、「会社がダメになった時は、優秀な社員から辞めていく。だから再建は短期間でやらなければダメ。」ってなことを仰ってて、感銘を受けました。


 実際、先の読める優秀な人間は、うまく身の振り方を考えますもんね。


 他にも、印象に残った言葉として、「正しいと思ったことを普通の人以上のエネルギーでやり遂げていく。」ってなことも仰ってました。


 何かが絶対的に正しいということはなくて、自分にも間違いはあるんだけど、それを認めた上でこのエネルギーで埋め合わせていくんだってな話でした。


 反対意見を言う人間は腹が立つんだけど、その反対意見こそが自分にとって一番必要な意見だから、きちんと話を聞いていくってことも仰ってました。


 とかく裸の王様になりがちな社長という職業で、最も必要なことなんでしょうね。


 それから、リーダーの資質を問われて、「色々なことに興味を持つこと。」との返答。


 それが、必要な情報を得ていくことにつながるのだと仰ってました。


 また、リーダーの資質として、「部下の生活を考えること。」もあげていらっしゃいました。


 リーダーというのは、部下のためにビジョン(夢)を与えていかなければならない存在だとも仰ってましたね。


 放送を見て、「この人のもとで働きたい」と思った人も多かったとか。


 それはそれでいいんだけど、今のニッポン、金太郎さん的には、「この人のような立派なリーダーになりたい」と思う人が多い方がいいような気がするぞ(笑)。







 さて、エルピーダメモリですが、四季報では今期(08年3月期)も増益予想(1株利益433・2円)だったはずなんだけど、イー・トレード証券で5月7日に更新されたデータだと今期予想1株利益は348・1円と若干弱気な数字。


 日の丸半導体の不沈を握る会社ですから、是非頑張ってもらいたいところです。


 因みに、株価純資産倍率(PBR)が1・72倍、今期予想株価収益率(PER)が14・51倍です(07年5月29日終値)。


 ただし、よく赤字を出しますね。


 2004年に大赤字を出した後、2006年にも赤字を出しています。


 2年連続ではないところが救いでしょうか。


 PERでは買ってもいい水準とは思いますが、半導体という難しい業種であり、赤字の可能性を考えるとPBR1・72倍は若干割高なのかもしれません。


 業績予想が非開示であるのと、無配が続いていることも割高感を強めます。


 台湾のPSC社と組んで先行投資をガンガンやってるみたいですから、減価償却費の負担も増えそう。


 しかし、この先行投資が後の大きな利益回収に繋がる可能性も大。


 坂本さんを信じて博打を打つなら買い。


 金太郎さんのようなチキンちゃんは、日和見して株価が上がってから後悔ってなところでしょう(笑)。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


ホテルファンドドットコム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/232-5701948b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック