株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 信用評価損益率とは、信用取引で株式を売買している投資家の含み損益が平均でどの程度になっているかを表す指標です。


 信用取引とは、証券会社からお金や株券を借りて行う取引で、実際に保有する資産を超える取引が可能となります。


 また、株券を借りた場合は、これを空売りしておいて、値段が下がってから安く買い戻すという取引ができ、値下がりの局面でも利益を出すことができる点にメリットがあります。


 リターンは大きくなりますが、当然リスクも大きく、ヘタをすると一気に資産を持っていかれ追い証という恐ろしいものが発生します。


 もし金太郎さんがやっていたら、200万%の可能性で総資金スッカラカンだったでしょう。


 恐ッ!


 主に個人投資家が行う取引で、株で強烈な利益を得たり、逆に大損をこいた人間は大抵この信用取引が原因です。


 こういったリスクの高い株取引を行う人の性質として、どうしても利益確定は早く損切りは遅くなりがちです。


 そのため、信用評価損益率がプラスになることは稀で、通常はマイナス圏にあります。


 マイナスが5%より小さい場合、相場の地合いもよく、多くの銘柄で利益確定が出来ている状態だそうです。


 この場合、経験則上、相場が天井圏にあることも多いので、ここから買いを入れるのは要注意です。


 実際、今年の2月、同時株安前には0%近辺まで上がっていました。


 逆に、マイナスが10%を超える場合、諦めて損切りをする人が増えるようです。


 そして、マイナス20%近辺まで下がると、ようやく売りが一巡して株価が反発しやすくなります。


 去年の6月に、日経平均が14000円台まで売り込まれる局面がありましたが、この時、信用評価損益率がマイナス20%近くまで下がって底を打ちました。


 日経新聞では、木曜日にマーケット総合2面の中段真ん中、やや下あたり(株式ランキングの上)に、三市場買い残の評価損益率を出しています。


 それによると、現在はマイナス6・51%(先週はマイナス8・63%)です。


 現在の相場と同じく、どっちつかずの微妙な位置ですね。


 因みに、ジャスダックの数値が、2007年5月11日時点でマイナス22%台だそうです。


 もうそろそろ売りも一巡でしょう。(そうあって欲しい!)


 以上、売りに売られている時は、信用評価損益率に注目してみると、相場の底を探る一助になるかもしれませんね。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


ただいま無料体験実施中! 株式情報 トレーダーズ・プレミアム

コメント
この記事へのコメント
信用取引はもう懲りました(笑
多分もうすることはないでしょう。

EV/EBITDA倍率について記事を書こうと思うんですが、以前こちらで書かれていた説明を一部引用させてもらいたいのです。
かなり解りやすい説明だったので。
2007/05/17(木) 23:03 | URL | 京 #-[ 編集]
勝ってたら勝ってたで、後で強烈なしっぺ返しが来たかもしれませんよね。
「買いは家まで、売りは命まで」なんて言われてると、どっかで見ました。
早いうちに撤退できて、むしろラッキーだったかもしれませんよ。
(^-^)

御丁寧にお尋ね頂き恐縮です。
もちろん、お好きなように引用なさって下さいませ。
役に立つのであれば、嬉しいかぎりです。
2007/05/18(金) 02:05 | URL | 京さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/222-9d7dfd84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック