株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 PBRとは、Price Book-value Ratio の略で、日本語では株価純資産倍率と呼ばれています。


 株価をBPS(Book-value Per Share)、即ち1株あたりの純資産で割って算出します。


 PBR = 株価 ÷ BPS(1株あたりの純資産)


 これは1株あたりの数値から求める数式ですから、発行済株式全体でみた数値からも計算が可能ですね。


 時価総額を会社の株主資本(純資産)で割ってやれば、同じ数値が得られます。





 このように株価純資産倍率は、株式が株主資本の何倍まで買われているのかを示すものです。


 PER(株価収益率)が株価と利益(フロー)の関係を表し、ROE(株主資本利益率)が利益と株主資本(ストック)の関係を表しているのに対し、PBR(株価純資産倍率)は株価と株主資本の関係を表しています。


 ROE(株主資本利益率)のところでも書きましたが、株主資本(純資産)は会社の負債を全部払った後に残る資産で、会社の解散価値を表します。


 現在、解散した場合に、株主に還元される資産が株主資本であり、会社の客観的価値ともいえます。


 言い換えると、PBRは、株式がこの客観的価値の何倍で買われているかを測る指標となるということです。


 従って、PBRが1に近付けば客観的価値に近付いたといえ、理論的には底値に近いということが分かります。


 ライブドアショックの時も、ライブドアのPBRが1を下回ったところで、株価が落ち着くのではないかという予測が出ました。


 解散価値を下回った株価なので、解散すれば儲かるから買いが入るだろうという計算ですね。


 もっとも、買い手がいなければ1を下回っても株価は下がっていきますので、注意が必要です。現に1を下回る、お買い得な(?)企業もたくさんあります。


 また、ライブドアのように会計上の問題が生じた会社は、このPBR自体が虚偽の数字である可能性もありますから、要注意です。





 このように、PBRはあまり有効な指標ともいえないのですが、それでも一応は底値の目安になります。従って、リスクを測るのに用いることができるでしょう。


 例えば、3という数値が出ていれば、株価が3分の1まで下がる可能性があると考えます。


 そして、実際に3分の1以下に下がっても、解散すれば資金の3分の1は回収できる。


 PERは低いしROEも高いので、このくらいのリスクは覚悟しようかなといった具合です。


投資情報満載の人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/27(土) 04:13 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/27(土) 17:32 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/28(日) 08:58 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/13(木) 02:05 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/22-5fd080de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
株価株価(かぶか)とは株式市場における株式の価格のことという認識が強いが、正しくは「株式市場において、目的の株式に対して直近に約定があった値段」のこと
2007/01/24(水) 05:09:34 | アヤのブログ