株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 ROEは、Return On Equity の略です。日本語では株主資本利益率と訳されます。


 この数値は、当期純利益を株主資本で割って算出します。


 株主資本利益率 = 当期純利益 ÷ 当期の株主資本 × 100


 これはその会社の株式全体で計算する場合ですから、1株あたりの数値からも計算が可能ですね。


 つまり、EPS(1株利益)とBPS(1株あたりの純資産)でも計算できることになります。


   株主資本利益率 = 1株利益 ÷ 一株当たり純資産 × 100


 この数値により何が分かるかというと、当該企業が1年間の営利活動によって、その資産を元手にどれだけ利益を得たかということです。


 言い換えると、資産をどれだけ有効活用しているかが分かるのです。


 この計算式において分母となる株主資本というのは、貸借対照表の資本の部の合計であり、「自己資本」とも「純資産」とも呼ばれます。


 これは株主の払込金である資本金及び資本準備金と、過去の利益の蓄積である利益準備金及びその他の剰余金で構成されています。


 このように株主資本は、株主に還元されるべき会社財産であり、会社の解散価値を表しています。現在の会社の客観的な御値段ということになるでしょうか。


 ROEは、その財産をいかに有効活用しているかという数値です。


 ROEも当然、会社によって数値が異なります。直近数年間のROEが10%を超えているような企業は、資産の有効活用をしている優良企業と言えるでしょう。


 もちろん、この値も事業環境の変化ですぐに上下しますから、その数値が今後も続くかどうかを見極めなければなりません。


 あくまで過去と現在から、将来を読み解くための指標にすぎないというわけです。


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る