株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 米ヤフーが広告料収入の伸び悩みなどを理由に弱気の業績予測を出したため、ネット関連株にも波及してきているようですね。


 JPモルガン証券は19日付で、楽天(4755)の目標株価を54000円から35000円に下げたんだそうです。


 この前、メリルリンチの目標株価が75000円とされていると書きましたが、あっという間の様変わり。まあ、この乱高下がネット関連株の魅力といえば魅力なんですけど。


 元々、ネット関連会社の収益力には、懐疑的な声が多かったと日経新聞でも書かれていました。


 確かに、ネット利用は無料が原則であり、ここから利益をあげようとする収益モデルには、懐疑的になってもおかしくないです。


 これからはネット関連会社も、広告料に止まらない新しい収益構造を求められるようになるんでしょう。


 この点、楽天は既に証券、金融、不動産といった部門にも手を広げており、総合商社の感さえあります。


 急激に大きくなり過ぎて、最近は小回りが効いてないような印象がありますが、本業だけに頼らない収益力は確保していると言えるでしょう。


 問題は成長力でしょうね。今後、今までと同様の成長は無理としても、どの程度の成長力を維持できるのか。


 いずれにしろ、ネット関連株はミクシィ(2121)も含めて当分乱高下しそうな感じです。


人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/20-a2e6bc88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック