株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 キャッシュフローというよく分からないものを調べるために、あれこれと本を読んでみたのですが、この「決算書がおもしろいほどわかる本」が一番分かりやすかったです。


 著者は石島洋一さんという方で、公認会計士です。


 キャッシュフローに限らず、その他の決算書についても平易な言葉と構成で分かりやすく説明されています。


 チマチマとした瑣末な事項は省略して、必要十分な箇所だけを説明してあるので、取っ付きやすいでしょう。


 最終的にはもっと情報がてんこ盛りで、読むのもウンザリするような本が読みこなせるようになるといいんでしょうが、金太郎さんは頭が弱いのでこれくらいが丁度良かったです。


 多くの方にとっても読みやすいのではないかと思います。


 実際、50万部突破なんて書かれていますから、他の人も重宝してるんでしょう。


 決算書が分かるようになれば、銘柄選択の仕方もかなり違ってくるのかなと思います。


 それに止まらず、会社での業務や家計に対する見方も変わってくるでしょうね。


 決算書を理解するための入口としては、大変よく出来た本だと思いました。


 決算書に興味のある方は、書店で探して読んでおくといいでしょう。


 つーか、投資する以上、有価証券報告書なんかも読むべきなんでしょうから、決算書のことは早めに早めに勉強して基本的なところだけでも理解しておいた方がよいかと思います。


 ………と、さっぱり理解していないくせに、偉そうなことを言ってみる。


 皆で賢くなっていきましょう!   (⌒0⌒)/


株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
大喜利参加ありがとうございます!

殿堂入り残念でしたね~(`o`)

殿堂入り間近でなんなんですが、もしかしたら大喜利最終回が近いかも知れません!というか、大喜利のみのブログを最初からやるかもなんですよ~!

てか、決算書がおもしろいほどわかる本ですね!ぼくにも分かるでしょうかね~?
2007/03/20(火) 18:48 | URL | しんえもん #-[ 編集]
Tバックは自信あったんですけどね(笑)。

あらら、最終回ですか?
確かに、お題が苦しいですもんね。
てか、このまま終わると利益確定前に、反転下降しちゃったみたいな脱力感ですね(笑)。

分かるかどうかは興味の大小で決まるかと。
師匠が興味を持たれたなら、きっと分かると思いますよ。
有価証券報告書や損益計算書などを見る際に、手許に置いておいて分からないところを調べると、見えてくるものもあるかと思います。
2007/03/20(火) 22:12 | URL | 師匠へ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/176-81f92685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック