株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 「危険な銘柄を避けよう!」というタイトルで書きたれた中で、キャッシュフローについて勉強したことを長々とさせて頂きました。


 粉飾決算の可能性を探る意味でも重要な指標ですので、もうちょっと書き足しておこうと思います。







 前回、営業キャッシュフローが大事という話を書きました。


 実際に企業活動によって手許に残る資金だからです。


 では、営業キャッシュフローを損益計算書との関係で、どのように見ればよいのでしょうか。


 キャッシュフローの計算にも直接法と間接法の2種類があるようです。


 このうち、日本で一般に採用されているのが間接法という方法です。


 これは税引前当期純利益を基本として、キャッシュフローを求める方法です。


 これによると、手許に残るべきキャッシュフローは、当期純利益に減価償却費を足すことによって求められるようです。


 減価償却費というのは、設備投資の支出を何年かに分けて計上する方法で算出した費用のことです。


 一度に会計に反映させると、設備投資を行った年だけが大幅な減益になってしまうため、このような処理をします。


 減価償却費は既に支出した費用を後付けで計上するため、現金の支出がありません。


 費用としてマイナスなのに、実際の現金支出がないということで、キャッシュフローはプラスになります。


 会計上マイナスにした分を実際の現金の動きに合わせて、調整するということですね。


 以上のように、当期純利益と減価償却費を足した額が、本来、その会社が手にすべきキャッシュフローとなります。


 もっとも、実際には債権回収の遅れや(売上高は上がるが現金回収がない)、在庫増加(仕入れで現金が出ていくが在庫として抱えるので現金増加がない)によって、営業キャッシュフローがこの理論的な額を下回ることもあります。


 ただ、あまりに下回るようだと、上のような経営上の問題点があると思った方がいいでしょう。


 下回るどころか、営業キャッシュフローがマイナスになっている場合は要注意です。


 また、四季報が注意しているように、複数年に渡ってマイナスが続くようだと、大きな問題を抱えている可能性が高いです。


 その最たるものが、粉飾決算ということになるでしょうか。


 もちろん、すぐにすぐ粉飾決算や黒字倒産だと決めつけるわけにはいきません。


 また、売掛債権が将来に向かって回収されたり、在庫が捌ければ、将来のキャッシュフローは増大するでしょう。


 しかし、現時点においてキャッシュフローに問題がある企業は、少なくとも現金回収により「自ら稼いだお金で成長していく」という点において、マイナス評価であることは間違いないです。


 赤字企業のキャッシュフローがマイナスなのは仕方ないとして、黒字なのにマイナス或いは理論的なキャッシュフローから著しく少ない額である場合、赤字企業と同じようなリスクを抱えているということは注意して投資すべきかなと思いました。







 それから、この前の三洋電機の粉飾決算で、創業者一族への配当確保のために粉飾を行ったという指摘があることにも注意が必要かなと思います。


 キャッシュフローの観点から見た場合、本来、配当に回されるべきは、フリーキャッシュフロー、つまり、営業キャッシュフローと投資キャッシュフローを足した額からであるべきです。


 キャッシュを稼いでいないのに高配当を行っている場合、会社の財務体質を悪化させながら、大株主兼経営者に本来渡るべきではないお金が還元されている可能性もあるということです。


 このような場合の「株主の皆様のことを考えて」という台詞は、「経営に参加している大株主自身」のことを指している可能性が高いでしょう。


 株主重視と言いたれている場合に、その株主が自分を含む不特定多数(少数)を指しているのかは、注意してみた方がいいと思います。







 キャッシュフローはホームページで公開されている有価証券報告書で、5年分を閲覧できます。


 純利益と減価償却費を足した額よりも著しく少ない数字が並んでいる場合は、よく注意しておいた方がいいでしょう。


 以上、若干の補足ですが、良かったら投資の時の参考にしてみて下さい。


 金太郎さんも少ない脳みそで一生懸命調べてますが、実際のところキャッシュフローについては良く分かってません。


 また新たに見知ったことがあれば、書き足していきたいと思います。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


DTレポート
個人投資家は、口座開設後平均1年半で資金を無くしている
と言われているそうです。そんな個人投資家に、株価に影響
を及ぼす投資信託の動向を踏まえた資産運用を助言していま
す。無料メルマガ、無料銘柄診断もあり。

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
キャッシュフローについてはあまり詳しくないです。
というのもなんか解りにくくて。
特に営業キャッシュフローがです。
最高益なのにマイナスとかありますし、どういうこと?なんてしょっちゅう思ってます。
もっと勉強しなければ。
2007/03/10(土) 22:54 | URL | 京 #-[ 編集]
最高益を損益計算書で出しても、肝心の現金を確保できていないということですね。
これには、いくつか理由があります。
まず、上に書いたような売掛債権の回収遅滞。
そのまま不良債権化することもあり、なるべく早く回収しなければなりません。
それから、仕入れを増やすことにより在庫を抱えてしまい、現金が出て行くだけの場合。
よく棚卸資産の増加が、営業キャッシュフローが少ない理由としてあげられていますが、正にこの場合を指しています。
増やした在庫が捌ければいいのですが、そのまま眠ることになると管理費などもかさみます。
他には、自分の負債をさっさと返していく場合もキャッシュフローのマイナス要因です。
もっとも、これは返さなければ負債として残りますから、あまり良くないキャッシュフローのプラス要因でしょう。
以上からキャッシュフローの管理としては、負債は利息がかからない限りなるべく遅らせて払う。
他方、債権はなるべく早く回収する。
在庫は圧縮して、次々捌いていく。
といったことが必要になるかと思います。

後は、キャッシュフローのマイナス要因として、そもそも現金そのものを稼げていない(売上や利益を粉飾している)こともありますね。

営業キャッシュフローがマイナスだと、いずれにせよ財務体質は悪化していくわけですから、注意が必要でしょう。

理論的には純利益と減価償却費を加えた額のキャッシュが入るはずなのですから、過去3年くらいでトータルしてきちんとキャッシュを回収できているかを見てみる手もありますね。
個人的には、営業キャッシュフローのマイナスが過去5年で3回以上、直近2回がマイナスないし純利益に比較して異常に少ない、といった企業は避けることにしました。
キャッシュを稼げないということは、借金経営(財務キャッシュフローの増加)ということで、赤字経営と変わらないと思うからです。
いくら好業績でも、無理して投資することはないかなと思ってますよ。
急激に成長したものは泡って聞きましたが、キャッシュを稼げていないことも問題の一端なのかもしれません。
2007/03/11(日) 00:50 | URL | 京さんへ #-[ 編集]
説明ありがとうございました。
とても解りやすく勉強になりました。
もう一度持ち株の企業のキャッシュフローを確認してみます。
2007/03/11(日) 22:20 | URL | 京 #-[ 編集]
是非、確認してみて下さい。
特に、営業キャッシュフローのマイナスが続いている企業は、わざわざ四季報が注意を促しているのですから、無理して投資することはないと思います。
バリュー株といっても、キャッシュが稼げていないのでは意味がないでしょう。

聞いた話ですが、企業は売上高をまずあげようとするために、営業マンがどんどん注文をとってきます。
それでボーナスをたくさんもらうわけですが、実際には馴れ合いで注文だけ受けておいて、現金の回収はおざなりってなパターンがあるそうです。

自分が何か売っている姿を想像してみて下さい。
売って売上高は上がったけど、現金は入って来ていない状態を。
どうです?
冷や汗が出ませんか?
その状態で従業員の給料やら次の仕入れやらを行うんですよ。
借入金で賄うしかないですよね。
黒字だけど営業キャッシュフローがマイナスというのは、つまりそういうことのようです。
2007/03/11(日) 22:45 | URL | 京さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/167-0a1e0513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック