株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 ずっとファンダメンタル(基礎的条件)面からの銘柄選択のやり方を、私の失敗経験等を事例にして書いてきました。


 成功したこともあるのですが(←見栄っ張り)、失敗の方がより皆さんの糧になるかと思い、敢えて失敗の方を中心に書いています。


 巷に溢れる成功経験を書いた書籍。


 読んでいる人は大勢いるはずなのに、ちーっとも投資で成功している人が増えているという話を聞きません。


 私が思うに、成功経験というのは語り尽くせない色んな要素があるのでしょう(例えば、市場が好調なら誰がどういう方法でやっても儲かる確率が高い)。


 また、読者が成功経験の自分に都合の良いところだけをつまみ食いしている可能性もあります。


 結局、成功経験を共有するということは非常に難しいのでしょう。


 しかし、失敗経験は成功経験と多少違うのかなと思います。


 失敗の原因も多岐に渡りますが、これらの原因は分析しておけば銘柄選択の際のリスク要因として皆で共有できるのではないかなと。


 とにかく、読んでくれてる方には、同じような失敗をしてもらいたくないのと、例え失敗しても「そのリスクは織込み済み!分かってて買ったよ!」と言ってもらいたいのです。


 皆で、賢い投資家を目指しましょう!(←大アホウが言うよ)







 それで、今回から最近勉強したことや、今までに経験した事を中心に、「危険な銘柄を避ける!」ということをテーマに書きたれてみたいと思います。


 まずは、以下の会社のホームページに行ってみて下さい。







 日興コーディアルグループ


 アドテックス


 IXI







 いずれも粉飾決算、大きな簿外債務の発覚などがあったダメダメ企業です。


 日興コーディアルグループは上場廃止の危機で済んでますが、下の2つは破産に民事再生法の適用というシャレにならない事態に陥りました。


 とりあえず、どこの企業でもいいですから、ホームページの運営の様子と有価証券報告書を見てもらいたいのです。







 まずホームページの運営の様子ですが、いけしゃあしゃあとコーポレートガバナンスだとか、企業責任だとか書いてくれちゃってます。


 こういう事をホームページで書いている企業が、裏で粉飾決算をやっているのだということ、そういうリスクが株式投資にあることは良く知っておいた方が良いと思います。







 次に、有価証券報告書には、過去5年分の業績動向の記載が義務づけられています。


 チェックすべきは、利益が出ているかどうか。


 利益にも本業での儲けを示す営業利益と投資等の副業で儲けた分も合わせた経常利益、それから最終的に残る純利益がありますね。


 純利益を株式数で割れば、お馴染みの1株利益(EPS)が算出できます。


 当然、どこも粉飾してるだけあって、赤字となっている年もあるものの、それ程悪い数字は出てないことに気付くでしょう。


 さあ、困りました。


 四季報でも営業利益、経常利益、純利益は確認できますが、これらに虚偽の数字が紛れ込んでいたらどうします?


 幸い、私はこのような銘柄を今のところ買わずに済んでいます。


 しかし、これから掴んでしまう可能性は否定できません。


 専門的な知識のない我々が、どうやって、このリスクを減らせばいいのでしょうか?


 続く。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


個人投資家向けIR説明会「ブリッジサロン」
新興企業のトップから直接話を聞くことのできるサロンを開催。
無料で参加できます。3月3日(土)は東京で日本コンピュー
タ・ダイナミクス、アグロ・カネショウの会社説明会あり。

コメント
この記事へのコメント
こんばんは~!!

大喜利参加ありがとうございます!!

ほんと、ダメダメ企業の見分けは難しいですよね~(`o`)

でも、基本的には、ぼくがじっくり選んで

買う銘柄は、ダメダメ企業のような気がしますよ~!笑

続く。の記事が楽しみです!
2007/02/20(火) 00:12 | URL | しんえもん #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/02/20(火) 16:16 | | #[ 編集]
配当金太郎さんこんばんは

私の場合、株主資本比率その他で、優良な銘柄を絞り込んでいるつもりですが、粉飾決算をしている会社を避けることには繋がっていない気がします。

危険な銘柄を避けるために行っている事と言えば、(株価時系列データを使ったバックテストを行う都合上という理由もありますが)上場から10年以上経過している会社を主な取引対象銘柄にしていること・・・これだけでしょうか?

『急速に大きく膨らんだもの・・・それは泡である可能性が高い』そうですから・・・

でも、このやり方では日興コーディアルグループは排除できません・・・

難しい問題ですね。

続きを楽しみにしています。
2007/02/20(火) 21:50 | URL | CHARO #-[ 編集]
ははは、確かに、危険な銘柄に手を出しますよね(笑)。
でも実際、リスクを取って高いリターンを求めるという考え方もアリですからね。
何が間違いかなんてのは、なかなか分からないですよ。
勉強しながら、自分に合ったより良い方法を模索していくしかないですよね。
2007/02/20(火) 23:21 | URL | 師匠へ #-[ 編集]
こんばんは、コメントありがとうございます。
上場から10年以上経過していること。
長期的な信用の積み重ねという点で、大変参考になります。
記事本文で紹介したいと思います。
(^-^)

急速に膨らんだものは泡。
これから書こうとしていることに通じるものがあるかもしれません。
参考になる記事であればよいのですが(笑)。
2007/02/20(火) 23:29 | URL | CHAROさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/157-4f330b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック