株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って



 前回に引き続き、低PERの原因を見ていきましょう。


 1株利益が減少する第2の理由として、増資や転換社債(転換社債型新株予約券付社債)による株式数の増加が上げられます。


 1株利益は、会社の純利益を株式数で割って算出しますから、分母となる株式数が増える増資や、その可能性のある転換社債の存在は1株利益を下げる要因となるのです。


 増資は発表すればすぐに発行株式数も分かるので、どれくらい1株利益が下がるか分かります。


 しかし、転換社債は厄介なことに転換されるまでは分かりません。


 それでも転換価額が予め決められていれば、まだ良しです。


 潜在的な株式増加数が分かるからです。


 最悪なのは価額修正条項付転換社債(MSCB)で、こちらは状況に合わせて転換価額が上下するので、なかなか見積もりが立ちません。


 転換社債の種類にも気を付けたいところです。







 双日という会社を見てみましょう。


 強烈に低いPERで、スクリーニングをかけた人なら誰でも一度は目にしたことがあると思います。


 しかし、この会社、経営立て直しのために3000億円もの転換社債を発行していたんですね。


 現在、業績は回復し、今期の復配も決定して株価も底を打ったようです。


 転換社債の普通株式への転換も進んでおり、既に70%以上が転換済みのようですが、転換済みの第3回分1500億円だけで4億株以上の株式が発行されました。


 これを計算に入れてPERを弾き直すと、三菱商事や住友商事などの他の商社のPERと比較して、それほど割安ということはできなくなったということが分かります。







 余談になりますが、商社の中では住友商事が市況にあまり左右されない体質を持っていて、株価の値動きも安定しています。


 三菱商事は、情報開示優良企業として表彰されています。


 似たようなPERの商社株で他に優良企業はあるのに、わざわざ転換社債を発行しなければならない程財務面に不安のある企業へ投資するべきか。


 もちろんリスクを取っても成長性を考えて投資するというのは、立派な1つの選択でしょう。


 しかし、見かけ上のPERが低いってだけで投資するのは、考えものです。


 転換により増加した株式数も考え合わせると、本当は割安度に大した違いがなく、リスクだけが大きいかもしれないからです。







 話が逸れましたが、このように転換社債はPERの値を変えてしまう恐ろしい効能を持っています。


 四季報では、転換社債を資本異動のところで「転社」と表示しています。


 社債の額と転換価額をチェックし、社債の額を転換価額で割ってみて下さい。


 新たに発行される株式数が分かります。


 その分、1株利益が食われるということです。


 発行される株式数を現在の発行済株式総数に足した株式数を算出し、会社の予想純利益を割ってみて下さい。


 それが数字の裏に隠れた潜在的予想1株利益です。


 転換社債が発行されている銘柄は、必ず、このことを踏まえて投資して欲しいです。


 でないと思わぬところで「1株利益の希薄化懸念」などというチンプンカンプンなキーワードが飛び出して、株価を下げることになりますからね(双日がそうでした)。







 なお、転換社債が転換されなかった場合、社債として償還され株式数は増えません。


 しかし、これが何を意味するかを考えれば、喜んでばかりもいられません。


 そう、予定していた転換価額より株価が低いということは、会社の経営が好転していない可能性が高いということだからです。


 転換社債を発行している企業は、1株利益の計算も面倒臭いし、経営状態も安定していないことが多いので基本的にお勧めではありません。


 それでも転換社債で得た資金を業績の拡大にうまくつなげられた場合は、一転して有望株ということになるかと思います。


 四季報その他の情報で業績の急回復が分かれば、転換された場合の予想1株利益を算出してPERを弾き直し、納得できれば買っておくのもいいでしょう。


 但し、その会社の経営陣が、転換社債という魔法の杖を振って資金を捻出したことはお忘れなく。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


次の上昇株はどれだ!?
厳選銘柄でデイトレーダーをサポート。無料メルマガもあり。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/148-35ad552a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック