株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 久しぶりにメインカテゴリーの更新です。


 相互リンク先にお邪魔したり、実際に身をもって経験したりして勉強したことを書いておきたいと思います。


 まず、割安高配当銘柄を狙ってみようということで始めたブログですが、理由は以下の通りです。


 第1に、割安な銘柄だと高値掴みの恐れが少ないこと。


 第2に、高配当銘柄(株主優待利回りが高い銘柄)だと仮に株価が下落しても、配当で株価回復までの期間を耐え凌げること。


 第3に、ちょこちょこ動かして儲けるやり方は、その時間もなくロスカット(損切り)も必要な事から、恐らくは他の多くの人同様に向いてないこと。







 それで株式投資の私の理想型は、配当や優待が適当に入ってきて、株価のこともあまり気にせず放ったらかし。


 ある日、どうなってるかなと見てみたら、株価が上昇していて配当も増えていたよ、ラッキー!


 仮に株価が落ち込んでいても、まあ会社が無くなったわけじゃないし、いつかまた上がるでしょ。


 これです。


 改めて確認して言い聞かせておかないと、金太郎さんはあほうなので、すぐに脳みそから消え去ります。


 皆さんも、それぞれの投資スタイルをいつも確認しておかれるのが良いと思います。







 さて、そういう訳で、応援したい企業を探して株を買う訳ですが、割安高配当といってみても単純にスクリーニングをかけてPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍数)が低く、高配当の銘柄を出して買うというわけにはいきません。


 これらの数字には、当然のことながら裏があることも多いからです。


 そこで最近の具体例を元にしながら、これらの指標の本当の意味を見ていく事にしませう。


 尚、これから書く内容には、金太郎さんの心の傷になっているものもあります。


 まだ癒えてないので、あまり突つかずに、そっとしておいてあげましょう。


 因みに、心と書いて「お金」と読みます。


 お金は心や………(←心の無い人)。


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


個人投資家向けIR説明会「ブリッジサロン」
新興企業のトップから直接話を聞くことのできるサロンを開催。
無料で参加できます。2月17日(土)は東京でSHOEI、
インフォメーション・ディベロップメントの会社説明会あり。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/143-d83ad4eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
配当配当(はいとう)とは、「割り当てて配ること」あるいは「割り当てて配られたもの」。株式・保険・ギャンブル(賭博)・破産における用語であり、配当されるものは現金または株式などそれに類するものであることが多い。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotati
2007/02/08(木) 17:55:31 | 配当で一攫千金!競馬競輪競艇宝くじ+toto