株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 さて、では、しんえもん師匠のリアルビジョン株価はどうなるのかということですが、正直分かりません。


 赤字続きだったのに、将来性を見込んで買われていた訳ですから、みんな1株利益は無視していたはずです(ゼロですからね)。


 従って、この場合、現時点における1株利益の希薄化といった意味での株価下落要因はあまり無さそうです。


 もっとも、将来の利益の希薄化ということは、懸念材料でしょう。


 転換された場合の株式増加による需給悪化はあるかなと思います。


 株式が大量に出回って、株価が上がりにくくなるってことですね。


 でも、最も重要な問題は、きちんと業績回復に繋げられるかの一点でしょう。


 今回の下落は、転換価額の96000円にサヤ寄せした格好になってるのではないかなと思います。


 今後、業績大幅回復で繰上償還なんかして、1株利益の希薄化もぶっ飛ばせば、株価は反転急上昇でしょうね。


 逆に、業績の回復もないまま転換価額が下がれば、またまた1株利益の希薄化が進みます。


 従って、株価も今回のように、それに連れて下がってくるでしょう。


 1ヶ月ごとに行われるであろう転換価額の修正には、注意を払った方がいいですね。


 1株株主資本(BPS)については、心配しなくても大丈夫だと思います。


 なぜなら、転換されれば社債の形で存在した会社債務は、まるまる消失すると考えられるからです。


 そして、その社債が今度は株主資本として計上されるはずですから、BPSが減少するということもないと思います(詳しくは勉強不足で分かりません、すいません)。


 で、結論なんですが、先のことはよく分からないけれども、しんえもん師匠のように腹を括ってかかるなら、業績回復で黒字予想が出ている限りは持っといても大丈夫かなと。


 これが一転大赤字となると、この1株株主資本も危うくなってきますからね~。


 現在、1株株主資本が87933・68円です。


 下がっても、これが当面の底と考えておいて良いのではないでしょうか。


 全くもってアテにも何にもならない予想ですけど(笑)。


 とりあえず、IR情報を読む限りでは、既存のMSCBの問題点はクリア出来ているのではないかと思います。


 ライブドア証券が契約違反をして、大量の空売りを仕掛けて株主が大損をこけば、損害賠償請求ということになるでしょうしね。







 実を言うと、金太郎さんもこのMSCBを発行していた銘柄で、痛い目を見た事があります。


 業績好調で配当回復もアリと言われ、株価が上がっていたのに、MSCBを発行していたせいで利益の希薄化が懸念され、ずるずる下げてしまったのです。


 この銘柄も大赤字を抱えていて、もちろん配当はゼロでした。


 MSCBはどういう制度設計をしようと、転換前に償還されない限りは、既存株主が痛い目を見ます。


 だから、MSCBを発行しなければならないような経営をしている企業には、基本的に投資すべきではないと思います。


 投資したとしても、利益の希薄化がどの程度になって、1株利益がどの程度まで食われるかの見積もりはしておいた方がいいでしょう。


 利益は伸びても、MSCBのせいで1株利益は伸びずに、株価は上昇しないままというのはシャレになりませんからね。


 MSCBの有無は四季報で確認出来ます。


 資本移動のところに、転社と書いてあります。


 発行額と転換価額が横に記されているので、参考にしてみるといいでしょう。


 私は、これが書いてある銘柄には、もう長期投資したくありませんけどね。


 今回、また良い勉強ができました。


 皆さんが気をつけるべき危険な銘柄のポイントを残して、このレポートの結びにしたいと思います。







 内部留保優先といいたれて配当を全くしない


 そのくせ赤字を出す


 MSCBを発行して資金調達をしている


 思い当たるごとに危険度が増していますよ~!







<追記>


 そういや思い出したんだけど、内部留保優先で大赤字を出しやがった企業ね、最近、経営を反省して事務所も安い所に移すって発表しました。


 ハア?


 お前らよ、配当なしで株主に負担をかけておいて、自分たちは高いオフィスビル借りてぬるま湯経営してたってことか?


 配当しないんなら、事務所なんて貧乏安アパートで十分じゃねぇの?


 経営が安定してから事務所移せよな!


 この発表を見て、経営者に対してというより、自分のアホさに腹が立ちまくりでした。


 皆さん、じぇ~ったいにこういう銘柄に投資するのは止めましょうね。


 日頃から、経営体質はよく注意しておいて下さい。


 決して、銘柄に惚れてはいけません。


 とんでもないアバズレが混ざっていて、体よくミツグ君にさせられます。


 常に厳しい目を向けてないと、国と一緒で大変な目に遭いますよ!







<さらに追記>


 四季報の「転社」の記述には、普通の転換社債も含まれています。


 価格修正条項が付いていないので、基本的に株価が上昇することを前提にしていると考えられます。


 転換価額も現在の株価よりも大きいです。


 こういう場合は、将来の業績に対して明るい見通しがある場合でしょうから、あまり気にしなくていいかなと思います。


 転換価額の下方修正が可能な場合は、「デス・スパイラル」といって、株価下落が止まらない恐れがあるので要注意です。


 なお、リアルビジョンは結局、転換価額の下限まで落ちてしまいました。


 MSCBについて、もうちょっと詳しく知りたい方は、「金融再生危機の本質」という本の第6章を読むといいでしょう。


@株価診断君で無料診断


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
長編お疲れ様でした。

多々問題がありますが、注目ですね。
2006/12/27(水) 21:44 | URL | ゆか #-[ 編集]
しんえもん師匠が買値の星に到達したら、MSCB伝説が敗れますよ~(笑)。
私としては、それを願って止まないんですけどね。
とにかく、さっさと業績を上げて、安定した利益を出せるようになって欲しいものです。
2006/12/27(水) 22:58 | URL | ゆかさんへ #-[ 編集]
こんばんは~!

その伝説(MSCB銘柄は上がらない伝説)
敗ってみせますよ~(^o^)/

とはいっても、

見てるだけなんですけどね~笑
2006/12/28(木) 00:18 | URL | しんえもん #-[ 編集]
絶対に敗りましょう!
ガンガン利益を上げてもらいさえすれば、大丈夫ですよ。
転換される前に、どんどん償還して欲しいところですね。
見てるだけじゃなくて、念を込めましょう。
一念、岩をも砕く、じゃなくて、一念、MSCBをも破るですよ~!
o (^-^) o
2006/12/28(木) 01:06 | URL | しんえもん師匠へ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/125-c4fbaf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック