株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 燃料電池って知ってますか?


 次世代エネルギーの1つであり、現在世界中の企業が開発を競っています。


 SRIの観点からは、環境対応技術ということで開発している企業に対して投資することになるんでしょう。


 燃料電池といっても、発電所と同じようにそれ自体が1つの発電装置なので、電池というのは正しくないかもしれません。


 基本的な仕組みは、水素ガスと酸素を含む空気、そして2つの電極で電解質を挟みこみ、電子を通さないという電解質の性質を利用して、電解質を迂回して電子を流し電流を起こすというものです。


 ちょっと図示してみると、こんな感じですね。







           →→→電子→→→→
           ↑        ↓
    水素ガス  負極  電解質  正極  酸素







 上の図の電解質の部分を水素イオン(H+)が通り抜け、通り抜けられない電子(-)だけが電極を結ぶ線を通る(正極から負極へ電流が流れる)ということですね。


 因みに、電流はプラスの電荷が移動する方向であり、マイナスの電荷を持つ電子の流れとは逆になりますね。


 それで、正極の方では、通り抜けてきた水素イオンと酸素、そして電子が反応して水(H2O)が出来るということになります。


 負極、正極には、触媒といって化学反応の速度を高める素材を含ませて効率を上げます。


 現在は白金(プラチナ)が使われているそうです。







 ご覧の通り、自然界に無尽蔵にある海水から水素ガスを作り出し、電気を起こして水に帰すといったことが可能になるので、従来のガソリンや灯油といった化石燃料を大量に使う必要がなくなります。


 燃料電池があれば、家庭の発電はもちろんのこと、自動車、電車、車いす、携帯の電源となり、二酸化炭素の排出量も減らせるという、正に夢のような技術です。


 それぞれの電力需要に対して、独立した発電所がついて供給するのと同じことになるので、今までのように発電所から強烈な無駄をしながら高圧の電流を送電するということも必要なくなります。


 普及すれば、エネルギー供給の有り様が一変してしまい、石油資源も今ほど必要とされなくなってしまうでしょう。


 世界や社会の有り様も一変させる可能性を秘めた技術ですね。


 既に燃料電池自動車や燃料電池電車も開発され、実際に試験走行もしているようです。


 開発されてしまえば、新たな使い道も次々と考えだされていくでしょう。







 開発に参加している企業は、数え上げればキリがありません。


 トヨタやホンダといった自動車会社を始め、JR東日本、電機、電力各社、面白いところでは、燃料となる水素ガスの供給をすべく、昭和シェル石油が水素ガスステーションを作るってなことをやってましたよ。


 また、最近ではバイオの分野でも、バイオ燃料電池というものを開発しているそうです。


 これは、生物の細胞が持つミトコンドリアが、燃料電池と同じような仕組みを持つことを利用して、酵素を触媒として発電するものだそうです。


 燃料にブドウ糖や血液を利用することができ、医療の分野で体内埋め込み式の機械などに応用が期待されるそうです。







 経済産業省の燃料電池実用化戦略研究会では、燃料電池自動車の普及目標を2020年に500万台、2030年には1500万台としており、発電用燃料電池の普及目標も2020年に1000万キロワット、2030年に1250万キロワット(1万キロワットが1万世帯分)としているようです。


 また、経済産業省によれば、2020年における国内の燃料電池の市場規模を約8兆円と予測しているようです。


 自分の興味を持った会社が、燃料電池に対していかなる取り組みをしているのか、実際にどの程度まで開発を進めているのか、ホームページなどをのぞいて調べてみると、次世代エネルギーを踏まえた投資戦略も見えてくるのではないでしょうか。


【株式投資】勘に頼らず、ソフトで【検証】


応援ありがとうございます!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
まとめて読まさせてもらいました。
僕も他の人のブログのセンチメントで売買の判断をする時がありますよ。
これが、いわゆる「muramura均衡表」の一部なんですけどね(笑)

「あのカリスマトレーダーが弱気に傾いた!!」
それ!買いだ!

なんて感じです(笑)
2006/12/20(水) 00:25 | URL | muramura #-[ 編集]
やはりブログはバカに出来ませんね~。
でも、元々、配当金が入ればいいやって考えのこのブログは、全くもってお役に立ってませんね(笑)。

周りを見ながら上がれば売る、下がれば買う。
結局、これに尽きるのかもしれませんね。
あれ?じゃあ、指標の意味は?(笑)

最近、さわかみファンドのレポートが来て、似たようなことを書いてました。
売り時というのは、皆が株は儲かるって言い出した時だって。
株は危ないよって人が多い時は、まだ買いなんだそうです。
2006/12/20(水) 16:58 | URL | muramuraさんへ #-[ 編集]
まったくもってそう思います。

じゃないと、もうからないのでしょう。
2006/12/22(金) 00:23 | URL | まっくろうま #-[ 編集]
次世代エネルギーに対応できないと、世間様から置いていかれますよね(笑)。
日産はNECと組んで次世代環境対応車の開発を進めるみたいです。
次々と手を打ってない企業は、生き残れないでしょうね。
2006/12/22(金) 01:42 | URL | まっくろうまさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/117-83dc81c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック