FC2ブログ
株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 2018年5月25日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  松井証券            8・11 ◯ (13・69)
2  大和証券G本社         5・24 
3  日本たばこ産業         5・12 ◯ (14・27)
4  日産自動車           5・11
5  東海東京FHD         5・07 
6  岡三証券G           4・32
7  キヤノン            4・25
8  あおぞら銀行          4・24
9  SUBARU          4・17 ◯ (14・17)
10 武田薬品工業          4・03


11 青山商事            3・99
12 丸紅              3・98 ◯ (12・98)
13 積水ハウス           3・97 ◯ (11・38)
14 日本郵政            3・96
15 住友商事            3・95 ◯ (12・51)
16 沖電気工業           3・89
17 NTTドコモ          3・88 ◯ (12・24)
18 みずほFG           3・86
19 東京エレクトロン        3・86 ◯ (35・20)
20 リョーサン           3・84


21 池田泉州HD          3・78
22 カブドットコム証券       3・78 ◯ (14・82)
23 オリックス           3・73 ◯ (12・30) 
24 三菱商事            3・73 ◯ (11・25)  
25 三井住友FG          3・71
26 双日              3・69 ◯ (10・74)  
27 日鉄住金物産          3・69 ◯ (11・15)
28 MS&ADインシュランスGHD 3・65
29 みらかHD           3・65 
30 三井物産            3・64 ◯ (10・57)


※ROE10%以上の企業は末尾に○印 カッコ内はROEの実際の数値(単位:%)


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 少し顔ぶれが変わりました。


 北朝鮮情勢とか米国の自動車関税なんかも影響しているでしょうか。


 いろいろと心配事は尽きないですが、そのリスクは企業経営者には認識済みであり、対処法も考えられていると思います。


 そういう優れた経営者の経営する良い事業を妥当な値段で買えば、後はじっくり構えて保有するだけです。


 極端なことを言えば、以後、毎日、相場見る必要も、四季報読む必要も、日経新聞読む必要もありません。


 一度選んでしまえば、それらのわずらわしい作業は信頼する経営者の仕事になるからです。