FC2ブログ
株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 2017年12月29日の株式指標。


日経平均終値       22764円94銭  (前年比19・1%上昇)



NYダウ         24719・22ドル (前年比25・08%上昇)



為替(東京)       1ドル112円64銭~66銭

             1ユーロ134円64銭~68銭



長期金利         0・045% (日本、新発10年国債利回り)
             


海外長期金利       2・43 % (米10年国債)
             0・413% (独連邦債10年)



NY原油         1バレル60・10ドル(日経新聞ホームページ参照)



日経ボラティリティー指数 16・03(+0・39)




純資産倍率(PBR、倍、前期基準)

 225種        1・32

 日経400       1・54

 東証1部全銘柄     1・41

 東証2部全銘柄     1・62

 ジャスダック      1・67




株価収益率(PER(倍))

             前期基準      予想

 225種        16・84     15・06

 日経400       16・82     16・26

 東証1部全銘柄     18・56     16・88

 東証2部全銘柄        ーー     28・85

 ジャスダック      25・55     20・96




株式益回り(%)

              前期基準      予想

 東証1部全銘柄      5・38      5・92




平均配当利回り(%、単純平均)

              前期基準      予想

 225種         1・47      1・63

 日経400        1・36      1・46

 東証1部全銘柄      1・41      1・49

 東証2部全銘柄      1・46      1・46

 ジャスダック       1・32      1・33



主に2017年12月30日付日経新聞参照


株は配当金を狙ってTOPに戻る



続き


 結構な上昇を記録した年でしたが、企業利益も上昇しており、指標的な割高感はありません。


 巡航速度を保ちながら上昇を続けていると考えています。


 国債利回りに見られるように、異常な低金利のツケがどこに回るのかは、ちょっと心配な点。


 今は銀行が泥をかぶっている感じですが、野放図な信用(借金)の供与につながるようだと、マズイでしょうか。


 まあ、金融危機の後なので、各国の担当も気合いを入れて監視してるでしょうし、当分は大丈夫かな。


 値上がりを期待して借金が行われている事態を見たら、要警戒です。





 PBRはまだ1倍台半ば。


 バブル期に5倍以上にまでなってたと思いますが、日経平均でPBR5倍というと、現時点で86230・83円。


 こんな額になったら、そりゃ経済感覚も狂います。


 もちろん、それに見合った利益をあげてればいいのですが、ROE30%なんてな数字は、どうひっくり返っても無理そうです。


 このまま、熱狂もなく、淡々と上がっていって欲しいところです。