株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 期待の非上場企業もあらかた上場を果たし、もうないかなと思っていたら、まだありました。


 ド本命の超有望企業が。


 メルカリ。


 上場申請のネット記事を見て、「おっ!」と思い、記念に記事にしとこうとホームページをのぞいたら、残念。


 『決定している事実はありません。』とのこと。


 ちょっと肩透かしを食らってしまいました。


 でも、検討はしているのだろうし、今後の展開が楽しみ。


 いつかその日が来るといいですね。





 ご近所でネットオークションをやっていた方が、メルカリの方が早いので最近はメルカリばかり使っているというお話を聞いて、これはと思った企業さん。


 ネットオークションは落札までに時間がかかり、その間、落札の連絡が入るかもしれないので、その後の手続きやら何やらのために、長期間、家を離れられないのがネックなんだとか。


 その点、フリマアプリのメルカリは、「勝負が早い」んだそうです。


 自分はやったこともないですけど、根が商売人の方には、便利さがわかるのでしょう。


 もう既にイギリスやアメリカにも進出している様子で、世界で成長していける日本企業という、個人的には絶好の投資対象です。


 まあ多分、みんなにとってもそうなので、仮に上場されても値段との折り合いがつくかどうかが問題になりそうですが。


 さて、メルカリの他にも忘れてそうな会社がないでしょうか。


 成熟市場の日本ですが、優れた起業家はいつの世もいました。


 反省も込めて、気にしておくようにしたいものです。