株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 自動車部品大手のタカタが、記録更新となる1兆円の負債を抱えて経営破綻しました。


 直接保有していませんが、車好きなので投資を検討したこともあります。


 また、ファンドを通じて保有していた企業でもあり、気分は複雑(ファンドは途中で売却していたと思います)。


 最悪の失敗を避けるために、またダメージを最小限に抑えるために、この破綻についても振り返ってみましょう。





 発端は、ホンダのタカタ製インフレーターのリコールでした。


 それから話がこじれて、責任のなすり合いの感もある中、10年弱が経過。


 途中、印象的だったのは、アメリカ議会での喚問で、社長が自ら出頭しなかったことでした。


 トヨタ自動車の章男社長のケースを見ていたので、ちょっとした違和感を感じずにはいられませんでした。


 実際、問題発覚後、2015年11月の会見を最後に、経営トップが表に出てこないという指摘もありました。


 また、会社の株式の6割を創業家が握っており、企業統治に問題を生じていたという指摘もありました。


 最後まで民事再生法の手続きにこだわり、会社更生法での法的整理を拒否し続けてきたのも、このいびつな株主構成比率によるものという話も。


 創業家からすれば、会社更生法で持分をゼロに確定されてはたまらないということだったのでしょうが、話がこじれる元凶になってしまったようですね。


 結果、民事再生法による再生手続にはなったようですが、株主の持分はゼロになると社長さんが株主総会で報告されたとか。(追記を後述)


 何のためにここまで話をこじらせたのか。


 もっと上手く対処していたら、最悪の結果は避けられたような気もします。


続き


 業績を振り返って見ましょう。




       売上高     営業利益   経常利益   当期利益   
連12・3  382737  13618  13499   11937  
連13・3  415521  14493  17050  ▲21122 
連14・3  556998  26275  25656   11144 
連15・3  642810  32958  40657  ▲29558 
連16・3  718003  42133  35206  ▲13075 
連17・3  662533  38958  42999  ▲79588 


       1株利益    配当金
連12・3   143・6  30
連13・3  ▲254・0  30
連14・3   134・0  30
連15・3  ▲355・4   0
連16・3  ▲157・2   0
連17・3  ▲957・0   0

*四季報及び有価証券報告書、ホームページを参照





 2014年まで配当もしっかり出ているところが悩ましいですね。


 ちなみに株価の方ですが、2014年1月に3300円の高値をつけ、そこから崩落が始まっています。


 2014年10月に大きな陰線が出て、1000円台の前半に。


 2015年11月にも2014年ほどではありませんが、長い陰線が出て株価は1000円を切りました。


 それぞれ2015年3月期、2016年3月期の業績を織り込みに行った動きでしょう。


 現時点では無価値のゼロ円に向かってまっしぐらです。





 私は保有はしませんでしたので、ここではなぜ保有しなかったかを書いておきます。


 個人的には、自動車関連株はトヨタとホンダでほぼ完結しています。


 この2社を超える企業でなければ、わざわざリスクを負担するために分散投資をする必要はないと考えたのが一つです。


 その後も株価が魅力的であったことから、再三再四保有を検討しました。


 しかし、社長さんの経営態度が真摯さを感じさせるものではなかったので、結局投資を見送った記憶があります。


 結果的に、この判断は正しかったようですね。


 投資先を増やす場合、以上の視点、つまり現在の保有企業と比較した上で、いかなるメリットがあるか、また、その企業の経営は真摯さを持って行われているか、をよく見て考えておくことが大事だと思います。


 次に、仮に投資してしまった場合でも、沈む船から逃げ出すことはできたということを指摘しておきたいです。


 そのタイミングは難しいですが、少なくとも無配が決定した2015年3月期の情報で見切りをできたのではないかと思います。


 この時点で1000円前後の株価。


 0よりはかなりマシです。


 個人的には、このような場合の乗り換え先の候補を常に意識しておくことが大事だと思っています。


 それさえできていれば、さっさと見切ってより良い投資先への乗り換えがスムーズに進むと思います。


 破綻確定までお付き合いしちゃった投資家さんもいらっしゃったようですが、きっと今後のリスク管理に生きてくるのではないかと思います。


 私もそうでした。


 ただし、完全に潰れるまで保有してもうたのと、もう1社多く、2社潰れるまでお付き合いしちゃいましたけど(笑)。


 破綻すると株券は紙切れだなんて言いますけど、現在は電子化されて紙切れもありません。


 「記念に元の紙切れ送ってよこせや!」と言いたくなりますね。


 なお、今をときめくキーエンスの創業者も、会社を2つほどお潰しあそばされたと聞いております。


 保有企業から破綻企業が出るのは、偉大な投資家への一里塚に違いありません・・・多分。


 以上、経営破綻企業は投資の勉強にはもってこいの材料です。


 タカタのケースも、私たちの投資に生かしていけると思います。





追記


 タカタ株は2017年7月27日付で上場廃止。


 26日終値は18円でした。


 0円でなかったのは、100%減資が決まっていないというのが理由のようで、持ち分が残る可能性にかける投資家さんがチャレンジされたのでしょうか。


 破綻確定後も株価が乱高下する場面がありました。


 なお、理論上は、会社更生法でも100%減資が確定というわけではないみたいで、残っている債務の額が確定して、資本でカバーできるようなら持ち分が残る可能性もあるとか。


 まあ、そうであれば、普通にやっていけてるわけで、期待するだけ無駄なケースがほとんどでしょうけど。


 民事再生法による場合、現経営陣が引き続き経営にあたることができる点や手続きとしての簡易さがメリットらしく、これからもこちらによるケースを多く見そうです。


 会社更生法によった再生のケースとしては、日本航空がそのようですね。


 聞きかじった情報を少し。


 きちんと勉強したわけではなく、内容は間違いがあるかもしれません。


 なお、不幸にも投資先が、このような事態に陥った場合、個人的には淡い期待を抱かず、さっさと見切って乗り換えということにしています。


 蛇足ながら。