株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 時価総額のお話の続きです。


 配当利回りランキングには、時価総額1000億円以上の企業に絞ってランキング検索した結果を掲載してきました。


 参考にしていた日経新聞の利回りランキングが、このような制限をしていたので、その形式をずっと続けています。


 2017年4月26日現在で、日本市場では758社が時価総額1000億円以上に該当します。(ヤフーファイナンス調べ )


 時価総額1000億円に明確な意味はないと思われますが、社会的に一定の規模の需要ないし期待があるということは、一般的に言えそうです。


 時価総額最大のトヨタ自動車が20兆円程度ですから、時価総額の規模では200分の1の数字。


 東証1部の時価総額が570兆円程ですから、こちらとの比較だと市場の0・0175パーセントにあたる数字とも言えそうです。


 こうしてみてみると、時価総額1000億円といっても、吹けば飛びそうに感じてしまうから不思議ですね。


 ポートフォリオを考えるとき、よっぽど自信がない限りは、この縛り(時価総額1000億円以上)の中で構成を考えた方が無難だと思います。


 個人的には、もうちょっと高い制限を課してもいいかなと考えているくらい。


 ちなみに、私個人のポートフォリオでこの縛りを外れているのは、一応マトモといえる企業で2、3社程度。


 他の1社は問題を抱え株価低迷、1社は上場廃止。


 どうだ、えっへん!


 (注:当然威張れることではありません)


 随分と投資対象が絞られたのではないでしょうか。





追記


 今まで投資してきた企業を含めると、それはそれはキリがないことになります。


 買収されて上場廃止、その他の理由で上場廃止、大赤字出してズッコケ、低いパフォーマンスで投資した意味を見いだし難い、などなど。


 時価総額の低い企業への投資は、見る目が備わってきてからの方が良いと思います。


 まあ、さっさと失敗して先に痛い目を見るのも、投資を理解する1つの方法ではあるでしょうが。