株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 2017年3月31日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  東海東京FHD          4・49
2  あおぞら銀行           4・49 ◯
3  日産自動車            4・47 ◯
4  青山商事             4・32
5  キヤノン             4・32
6  リョーサン            4・18
7  積水ハウス            4・10 ◯
8  中国電力             4・06
9  SANKYO           4・03
10 サンリオ             3・91 ◯


11 日本たばこ産業          3・87 ◯
12 大和証券G本社          3・84
13 レオパレス21          3・83 ◯
14 リコー              3・82
15 松井証券             3・79 ◯
16 三井住友FG           3・71
17 奥村組              3・70
18 岡三証券G            3・68
19 みずほFG            3・68
20 オートバックスセブン       3・63


21 ファンケル            3・62
22 ゆうちょ銀行           3・62
23 日本郵政             3・58
24 富士重工業            3・53 ◯
25 伊藤忠商事            3・48 ◯
26 武田薬品工業           3・44
27 大東建託             3・44 ◯
28 スカパーJSAT HD       3・40
29 野村不動産HD          3・38
30 昭和シェル石油          3・37 ◯


※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 アメリカで利上げの動き、円安、株高、とくるかと思わせておいての下落。


 もどかしい展開が続いています。


 日本は、なかなか起きない物価上昇のせいで、金融引き締めも当分無さげ。


 となると、アメリカで利上げが開始されれば、金利差からドルが買われて円安になりそう。


 でも、トランプ政権はドル高は許容せず。


 ホントにどうなるんでしょ。


 今後は、金融株を特に注視しておきたいと思っています。


 金利が上がれば利ざやも増え、景気が良くなって貸し出しが増えれば、金融株も買われそう。


 で、おかしなことをやっていると、おかしなところにお金が流れて、また景気後退と。


 とりあえず、金融株はそれほど買い上げられてなさそうなので、今のところは警戒は緩やか。


 上がっていくようなら、要警戒と算段を立てていますが、さてどうなりますか。


 配当利回りランキングからメガバンクが消えれば、考えどころと思っています。




 富士重工業が、社名を株式会社SUBARUに変更するという話でした。


 名前が変わっても、今までのように頑張って欲しいです。


 モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社になるそうですが、保有してきて含み益たっぷりの株主さんは、満面の笑顔でしょう。


 ちなみに、筆頭株主はトヨタ自動車です。


 つまり、トヨタ自動車の株主も恩恵は受けているはずです。


 ニコニコ、ニコニコ、ニコニコ、ありがとうSUBARU・・・たぶん。