株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 ポートフォリオのお話です。


 目指すポートフォリオの形は、10前後の優れた企業群で、かつ相応以下の株価で構成されたもの、という一応の目標みたいなものをもちます。


 それで実際にすぐにその10前後の企業が見つかればいいのですが、素人がいきなり上場企業数千社の中からピンポイントで選び抜けるなんてことは、まあないです。


 なので最初は分散投資が必要なわけですが、それでも自分が知っている、自分の生活に関わりがある、そういった企業を選択して書き出してみれば、50社くらいは書き出せるでしょうか。


 知らないけれど興味がある企業も、含めて考えればいいと思います。


 とりあえず候補をずらずらあげてみて、その後でランク付けをしてみましょう。


 個人的な話をすると、そうやってあげた候補企業を以下の項目に分類しました。




核心的企業
 ポートフォリオの中核を担うべき企業


補助企業
 核心的企業に準じる企業


その他の企業
 株主優待や将来性を期待してといった理由で、保有したい企業





 他にも下の段階があって、何やってるかも全然知らない「無視する企業」、社会問題を起こして害を撒き散らす「敵視する企業」という項目もありますが、そもそもポートフォリオに入れることなど考えるべきでないので、これは当然放っておきます。


 そうした上で、あーでもない、こうでもないと、分類を考えました。


 次々と事件は起こりますし、いろんな情報に接して、分類も変化します。


 これは投資を続ける限り、ずっと永遠に続くことだと思います。


 それでも続けていくうちに、自分なりの企業観ができてきて、徐々に固定化してくると思います。


 長期投資ポートフォリオの出来上がりです。


 誰のものでもない、自分のポートフォリオです。


 いかなる状況においても、自分と共に世の中を渡っていく企業群であり、本質的には自分の資本でもってやっている自分自身の事業の集合体です。


 今風に◯◯ホールディングスと名前をつけてもいいかもしれません。


続き


 以上の分類を大雑把にやっておけば、その後、投資比率を考える上でも役に立ちます。


 中核的とした企業には、より多く資金配分し、補助企業には少なめ、その他の企業は目的に応じて優待の受けられる最小単位とか、一単元だけとかいった配分が考えられます。


 この時、ランク付けが低いにもかかわらず、資金配分が多くなるようなら、組み入れはやめておこうといった常識的な判断の助けにもなるでしょう。


 なお、資金配分にあたっては、バフェット氏の経営するバークシャー社の普通株ポートフォリオや、信頼する投資信託のポートフォリオなども参考にしてみるといいでしょう。


 自分も参考にしてきましたが、バークシャー社の場合、ツートップとも言える、絶対的な信頼と自信によって選んだ2社に20パーセントずつの計40パーセントを配して、残りをその他の優良企業に分配しているのが印象的でした。


 自分は、ここまでの思い切りや優れた企業観を持ち合わせていないと考え、最初の頃は5パーセント、現在でも7、8パーセント程度が配分の最大値です。


 そのうち、もうちょっと大胆に配分できる状況になるかもしれません。


 自分だけのポートフォリオづくりは楽しいので、是非、挑戦してみてください。


 手持ちの資金が少なくても、コツコツとミニ株や単元未満株で買い足していく方法もあります。


 投資成績は人にもよるでしょうが、当ブログを読んでいただいた方なら、少なくとも私がやらかしたあんぽんたんなヘマは避けられるでしょう。


 それだけで成績はかなり向上、大方のプロの成績程度は軽く上回るのではないでしょうか・・・たぶん。