株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 2016年11月25日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  リコー              4・88
2  キヤノン             4・74
3  あおぞら銀行           4・71 ◯
4  日産自動車            4・42 ◯
5  東海東京FHD          4・39
6  東燃ゼネラル石油         4・35 ◯
7  青山商事             4・35
8  北陸電力             4・15
9  SANKYO           4・08
10 中国電力             4・03


11 リョーサン            4・00
12 サンリオ             3・98 ◯
13 奥村組              3・91
14 岡三証券G            3・89
15 武田薬品工業           3・83
16 大和証券G本社          3・83
17 TOKAIホールディングス    3・79 ◯
18 みずほFG            3・79
19 ゆうちょ銀行           3・75
20 松井証券             3・71 ◯


21 昭和シェル石油          3・70
22 住友商事             3・70
23 オートバックスセブン       3・65
24 ファンケル            3・65
25 イオンフィナンシャルサービス   3・60 ◯
26 JXHD             3・60
27 レオパレス21          3・59 ◯
28 三井住友FG           3・58
29 日本航空             3・55 ◯
30 日本郵政             3・53



※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る



続き



 アメリカ大統領選で、まさかのトランプ氏選出。


 荒れるかに思われましたが、すぐに回復して一転上昇基調に。


 配当利回りは下落しています。


 個別に材料を探して株価の上下動を予測するのも、1つのやり方ではあります。


 しかし、同じ材料であっても、それが上昇要因なのか、はたまた下落要因なのかは極めて難しい問題です。


 トランプ氏だから不確実性を嫌って株価下落だ、という目論見は説得力がありましたが、蓋を開けてみれば逆に上昇。


 実際、こういうことは見ていて頻繁にある印象です。


 つまりは、このやり方でやってみても、少なくとも私には、労多くして利益どころか損失多し。


 それよりは、おっかなびっくり、少しずつでもいいから、信頼している企業の株価下落を買い下がる方が確実だと考えています。


 かなり忍耐力を要求されますが。


 確認しておきましょう。


 長期投資に必要なことは、信頼できる投資対象を見つけること、株価下落を買っていくこと、まずはこの2つに尽きます。


 星の数ほど出てくる材料を気にする必要はありません。