株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 上海に行って知り合いとお話している時に、日本の不動産に投資したいなんて話が飛び出しました。


 その時に話題になったのがREIT(リート)と呼ばれるものです。


 これは、Real Estate Investment Trust の略で、不動産投資信託のことですね。


 出資者から集めたお金で不動産に投資して、その不動産から得られる賃料収入や値上がりによる売却益などを配当に還元してくれるものです。


 日本の株式市場に上場しており、株式と同様に取引できます。







 メリットとしては、不動産を個人が所有する事は資金面でかなり困難なのですが、それが低額から可能になることがあげられます。


 つまり、リートを購入するということは、実際の不動産を細分化した割合的単位として保有するということですね。


 会社の所有権の割合的単位である株式と、似通った構造になっていますね。


 お金持ちは資産を、預貯金、不動産、株式といった具合に分散して保有するようですが、それ程の資産のない人にも、不動産所有と同じ効果をもたらすものと言えるでしょう。


 また、不動産所有には通常、固定資産税の納税やら運用やら面倒臭い管理手続きが山ほどありますが、リートだと専門家が投資不動産の管理を一括してやってくれるので便利です。


 更なるメリットとして、一般にリートの銘柄は配当が高いということがあげられます。


 中には、8%超なんていう高配当リートもあります。


 これ、私やしんえもん師匠が保有しているダビンチ・アドバイサーズのDAオフィス(8976)のことですね。


 もっとも、これは今期に多額の不動産の売却益が出たためのようで、通常はこれ程ではないことに注意が必要のようです。


 人気の高いリートは、株式と同様に高値まで買われて配当率が下がっていますが(それでも大抵3%以上ある)、人気のないリートだと高配当になってくるということですね。







 デメリットとしては、もちろん値下がりの危険があるということが上げられます。


 不動産は値下がりしないという神話は、とうの昔に崩れ去りましたからね。


 この辺りは注意が必要でしょう。


 また、信託先の会社の運営の仕方がまずいと、予定している賃料収入などの収益が入ってこないということですね。


 ただ、予想配当に関しては控えめな予想をしていることが多くて、下回ることは殆どないという話です。







 リートは、銘柄によって投資する不動産の種類がオフィス、住宅、ホテル、商業施設といった具合に異なります。


 また、運営の仕方自体も値上がりした場合に売却を積極的に行うか、賃料収入を重視していくかで異なっているようです。


 投資する際の参考にしてみるといいでしょう。


 不動産関連の株式を購入する場合は、リートという選択肢も持っておくと投資の幅が増えていい感じです。


 より配当を重視した安定的な運用をしたいなら、リートの方に分があると思います。


 例えば、60万円持っていてダビンチ・アドバイサーズへ投資する場合、配当はゼロですが、DAオフィスに投資すれば配当が8%超。


 今期の特別な要因を除いて、11月8日の終値と次期予想配当額で算出した利回りでも5・14%ですからね(配当額は半期毎の数値なので、次期配当額を2倍して年利回りを算出しています)。


 おまけに、リート自体の値上がりの可能性もあります。


 配当金を狙いたい金太郎さんとしては、リートにも魅力を感じています。


Yahoo!ファイナンスのJーREIT情報



投資情報なら人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
たまに勉強したいなぁと思いつつなかなか・・・。

あ、雑誌見ましたよ~。
2006/12/11(月) 22:59 | URL | ゆか #-[ 編集]
ですよね~(笑)。
僕も中国で話題になった時に、あまりよく知らなかったですからね。
ずっと気になっていたので、ちょっとブログに書いてみようかなと思った次第です。

雑誌見られてしもうたかぁ!
( ̄□ ̄;)!!
素っ裸で街中を歩いているような感覚ですよ~!
(^_^;
2006/12/11(月) 23:13 | URL | ゆかさんへ #-[ 編集]
ざぶとんおめでとうございます!

リートってなんだかいいですね~!

う~ん・・

ダヴィンチが売れたら考えてみてもいいかも
しれませんね~(^o^)/ ポチポチ♪
2006/12/11(月) 23:48 | URL | しんえもん #-[ 編集]
そうですね~。
とりあえずさ、師匠、ダビンチが5倍くらいになったとこで、「あ~ちょっと高すぎるな~!」って、そこがDAオフィスへの切り替えのチャンスですよ(笑)。
後は、じっくりダビンチが下がるのを配当金をもらいながら待って、下がったらまたダビンチへ切り替えてね。
またも取らぬタヌキの皮算用でした。
2006/12/12(火) 00:23 | URL | しんえもん師匠へ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/108-d217d3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック