株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 最近、三菱UFJ銀行が国債の入札資格を返上し、おお、ついに民間融資を頑張って本来のお役目を果たすのか、素晴らしい、などと思っていたら、逆に裏切り者扱いをされているらしく、あれれ。


 自分の理解では、日銀が国債を買い入れ、民間銀行は国債を売ったお金を民間に融資し、産業の下支えないし振興、あるいは新産業創出のお手伝いをするのだと思い込んでいた。


 ところが、裏切りだとお叱りを受けているところをみると、そうではなくて一緒にみんなで国債を買い支えて、まかり間違っても金利が上昇しないようにしようぜってことだったのかな。


 そうしておけば、融資が自動的に増えて景気が良くなると、で、景気が過熱して目標インフレ率達成でめでたく出口を考えようと。


 今は全然目標達成できてないので、金利がマイナスだからといって離脱は困る、そういうことだろうか。


 なかなかに理解が難しい。


 おそらく、当初予定の緩和効果が出ていないことが、余計こと理解を難しくしてくれているのだろう。


 でも、当然のことながら、銀行にも株主が存在するわけで、わざわざ確実に損をするような取引はできない。


 件の銀行で、会計士さんから、勘定について疑義が示されたというのもうなずける話だ。


 そう、銀行にも株主がいる。


 日銀総裁が銀行のために金融政策をしているわけではないのと同じく、銀行も日銀総裁の金融政策のために経営をしているわけではない。


 ましてや、預金者のためになど経営するわけがないのである。


 ああ、なんでこの銀行資本の論理について、もっと早く気付かなかったのか。


 いたいけな小口の預金者から手数料ふんだくって、実質上、元本を減らして平然としているのはこういうわけではないか。


 (↑ かなり根に持っています。)


 つまるところが、銀行株買って銀行資本にアクセスしなけりゃ、銀行に討ち取られた手数料の敵討ちはできないのである。


 (↑ あれ、話が怪しくなってきた。)


 ということで、投資対象としての銀行はいかに。


 ……。





 ムギュゥ



 グハッ!



 ぶーーーーーっ!



 ゼハー、ゼハー






 リーマンショック後の銀行株にまつわる心象を文字で表現してみました。


 ネタとしては大変おもしろいのですが、心の傷が癒えてないので、詳細はひみちゅ。


 成果として分かったことは伝えておきましょう。


 うちのバフェットじっちゃまはすごい、ウェルズファーゴは名実共に世界一の銀行だ。


 以上