株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 今年も忙しい時期がやってきた。


 株主総会招集通知が届き、業績にざざっと目を通して、状況を確認。


 問題を起こしている企業は、問題を認識して再評価。


 保有していていいかどうか、保有比率をどうするかを考える。


 今年は一社、最後の議決権行使で売却してお別れすることにした。


 不祥事に低いパフォーマンス、目標未達で目標が下がり、何のための目標かいなと思っていたが、社長はずっと続投で変わる気配もなし。


 もう長い付き合いであるが、ここらでええかなと。


 材料でも出れば株価も上がるだろうけど、そういう会社の頑張りとあまり関係のないところでどうこうするのは、どうでもいいので、ここでスパッと決断。


 保有していて楽しくない企業は、株価下落で対処のしようがないので外す。


 ポートフォリオに組み込んだ企業は、事業に大きな魅力を感じたり、経営理念に共感したりしたから組み込んでいるのであって、それは大抵の場合ずっと同じ。


 保有を楽しくなくさせるのは、ひとえに会社の代表者である。


 無能、無知、傲慢、不公正、無責任、真摯さの欠如、感じてしまえばもうゲンナリ。


 昔読んだ本で、(パフォーマンスの悪い経営者は)最大のイヌになっている、と表現していたものがあったと記憶している。


 これも1つの参考に。


 多くはないけれど、他にいい投資先はあるのだ。