株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 2016年5月27日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  東海東京FHD          5・22
2  あおぞら銀行           4・92 ○
3  キヤノン             4・79
4  リコー              4・77
5  松井証券             4・54 ○
6  りそなHD            4・53
7  日産自動車            4・51 ○
8  住友商事             4・50
9  岡三証券G            4・46
10 みずほFG            4・38


11 三井住友FG           4・28
12 青山商事             4・16
13 ソニーFHD           4・15
14 伊藤忠商事            4・04 ○
15 日本精工             4・02
16 サンリオ             3・95 ○
17 関西アーバン銀行         3・93
18 ベネッセHD           3・90
19 SBIHD            3・86 ○
20 三井物産             3・83


21 ゆうちょ銀行           3・81
22 ブリヂストン           3・79 ○
23 大和証券G本社          3・78
24 武田薬品工業           3・75
25 ヤマハ発動機           3・73 ○
26 JXHD             3・70
27 SANKYO           3・69
28 丸紅               3・68
29 AOKIHD           3・67
30 池田泉州HD           3・65


※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る



続き


 3月期末の企業の決算発表も終わり、来期予想配当での利回りも変化してきました。


 ランキングも顔ぶれが多少変わっています。


 今回の注目企業は、ブリヂストン。


 言わずと知れたタイヤ製造の大手で、世界的にもミシュランと双璧。


 自転車なども手がけており、個人的には良い投資対象という認識です。


 それからSBIHD。


 北尾CEOが、早期にROE20%を達成していくという話を事業報告書でされていたと記憶しています。


 リーマンショック後、株価は落ち込んだままなかなか元に戻っていきませんが、山っ気たっぷりのチャレンジャーさんは少々振り向けても面白い・・・かも。


 ちなみに、1単元が安かったのもあり、投資を始めた頃に1株試しに買いました。


 現在、私の最初の買値のほぼ4分の1の株価です。


 でも、リーマンショック後、頑張って買ったので、現在はトータルプラスです。


 高値の半値で買って、してやったりと思っていたら、その後その半値の10分の1近くまで下がるとわ!


 株式投資とは、かようにオソロシイものであり、その覚悟なくして踏み込んではいけません。


 投資対象、投資時期、投資額、投資方法、よくよく考えておかないとえらい目にあうよ、というお話でした。