株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 そろそろ落ち着くかなと思っていたら、ジェットコースターのように上がり下がりが続いている。


 といっても、日経平均1万8000円近辺での空中戦なので、ぼけーっと傍観中。


 震源地の中国株も気になっているが、為替(円安)もあって、こちらも傍観中。


 あーでもない、こーでもないと思案を巡らせているうちに、何もしないまま終わってたりして。


 まあ、それもよしだ。


 基本的に向こう5年間、いじらなくても問題がないようなポートフォリオを心がけている。


 なので、上がっても下がっても、あまり関係がない。


 10%そこそこの値下りなら、なおのことだ。


 金融緩和は続いており、引き締めも急激にはしないだろうし、株価の調整は落ちてきたり、低迷しているものをチョビチョビ買って過ごそうかなと。





 不正会計問題で企業統治が改めて問われているので、今までに実際に投資しながら見てきて、個人的に良いと思った企業さんを書いておきたい。


 オムロンとエーザイ。


 この2社の企業統治は、形だけでなくきちんとしてるなと感じた。


 興味があれば、見てみると勉強になるかも。


(書いた途端に不祥事が起きませんように……。)