株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 先日、東証1部の時価総額がバブル時超えを果たしたという報道を見た。


 会社数が増えただけで、指数から見るとまだまだなんだろうけど、とりあえず目出たい。


 今後、安定的に上昇していくのか、はたまたバブル再来で弾けてしまうのかは分からない。


 差し当たり、最も怖いのは金融危機で、信用の連環が崩れてしまうことだというのは身に染みたところ。


 金融株の動向と理解不能な貸出をしていないかどうかは、気にとめておきたい。


 現在、パッツンパッツンで買ってきた株式の比率を少し落とし、若干の待機資金を捻出。


 全体に対して10%前後の余裕を持たせて、当面をやり過ごすことにしている。


 かくんと株価が下がって、思いっきり後悔したりして……。