株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 冴えない株価も反転して、調子を取り戻しつつある。


 保有株は大きな変更もせず、ちょこちょこと買い増しながら保有継続。


 2月決算企業の株主総会も終わり、3月決算企業の総会招集通知が届き始めた。


 特に、事業報告での今後の方針を注意深く読んでいる。


 冴えない業績の企業も、巻き返しを図って様々な対策を講じている。


 株価が冴えない企業は反転の期待も大きく、今後の施策に興味を持って読ませてもらっている。


 仕込むのは今のうちだ。


 金融危機後、概ね思った通りの展開になっているが、大外しの企業もチラホラ。w


 もっとも、そういった企業は割安感も強く、その割安感がただ安いだけかどうかというところの判断で、ウンウン唸っているところ。


 それと、なんだか大きく外したよね、と思うのが、ディフェンシブ系の優良企業さん。


 景気敏感株が大きく回復したところで、エイっと大きくシフトしようと浅はかな皮算用を立てていたら、その候補企業は大きく買われてしまっている。


 もはや買いたいとも思わない値段になってしまった企業が数社。


 なかなか思いどおりにはいかないものだ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る