株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 2016年7月29日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  東海東京FHD          5・80
2  キヤノン             5・11
3  松井証券             4・97 ○
4  リコー              4・91
5  あおぞら銀行           4・85 ○
6  岡三証券G            4・77
7  日産自動車            4・74 ○
8  伊藤忠商事            4・69 ○
9  住友商事             4・61
10 りそなHD            4・58


11 三井住友FG           4・53
12 日立キャピタル          4・53
13 みずほFG            4・49
14 リョーサン            4・39
15 サンリオ             4・36 ○
16 青山商事             4・35
17 日本精工             4・32
18 東洋ゴム工業           4・30 ○
19 ソニーFHD           4・20
20 三井物産             4・14


21 昭和シェル石油          4・13
22 JXHD             4・12
23 大和証券G本社          4・10
24 北陸電力             4・10
25 東燃ゼネラル石油         4・09 ○
26 オートバックスセブン       4・02
27 SANKYO           3・99
28 SBIHD            3・99 ○
29 ヤマハ発動機           3・98 ○
30 ゆうちょ銀行           3・96


※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る





 ポケモンgoの驚異的な立ち上がりで、任天堂の株価にも火がついた。


 業績不振、株価低迷、岩田社長の早逝と、へこむことばかりだったうちの投資先に久々の明るいニュース。


 株価が上がるのは嬉しいが、上がりすぎると一旦お別れも視野に入ってくるので、少々複雑。


 できれば事業の拡大に伴って、売らなくて済む株価のまま推移してもらいたいが、この手の事業には望んでも無理かな。


 ポケモンgoは、まだ配信が始まったばかり。


 日本ではこれからということで、期待は大きい。


 新型のゲーム機の発表も控えており、長い雌伏の期間を待ったご褒美は大きそうだ。


 昨年夏からの株価下落で、鼻血の飛び散る打撃を被ったうちのポートフォリオ回復の先導役に〜!






余談


 先日、半期恒例のポートフォリオチェック。


 一年前のポートフォリオと比較してみる。


 ………。






 ぶっ!



(↑ 思わず飛び散る鼻血)


 ポートフォリオの拡大と共に、下落に転じた時の打撃も半端なくなっているのだ。