株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2015年9月25日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  松井証券             4・25 ○
2  キヤノン             4・23
3  三井物産             4・20
4  あおぞら銀行           4・19
5  住友商事             3・96
6  昭和シェル石油          3・95
7  日鉄住金物産           3・87 ○
8  東海東京FHD          3・86 ○
9  日産自動車            3・75 ○
10 伊藤忠商事            3・67 ○

11 青山商事             3・66
12 日立建機             3・61
13 平和               3・59 ○
14 JXホールディングス       3・50
15 岡三証券グループ         3・49 ○
16 JFEホールディングス      3・47
17 日新製鋼             3・46
18 デクセリアルズ          3・46 ○
19 テクノプロHD          3・43 ○
20 SANKYO           3・42

21 アマダHD            3・41
22 双日               3・38
23 東洋インキSC          3・36
24 ダイハツ工業           3・34
25 セイコーエプソン         3・31 ○
26 東燃ゼネラル石油         3・30
27 オンワードHD          3・29
28 住友金属鉱山           3・29
29 丸紅               3・26 ○
30 大和証券グループ本社       3・26 ○


※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 そろそろ落ち着くかなと思っていたら、ジェットコースターのように上がり下がりが続いている。


 といっても、日経平均1万8000円近辺での空中戦なので、ぼけーっと傍観中。


 震源地の中国株も気になっているが、為替(円安)もあって、こちらも傍観中。


 あーでもない、こーでもないと思案を巡らせているうちに、何もしないまま終わってたりして。


 まあ、それもよしだ。


 基本的に向こう5年間、いじらなくても問題がないようなポートフォリオを心がけている。


 なので、上がっても下がっても、あまり関係がない。


 10%そこそこの値下りなら、なおのことだ。


 金融緩和は続いており、引き締めも急激にはしないだろうし、株価の調整は落ちてきたり、低迷しているものをチョビチョビ買って過ごそうかなと。





 不正会計問題で企業統治が改めて問われているので、今までに実際に投資しながら見てきて、個人的に良いと思った企業さんを書いておきたい。


 オムロンとエーザイ。


 この2社の企業統治は、形だけでなくきちんとしてるなと感じた。


 興味があれば、見てみると勉強になるかも。


(書いた途端に不祥事が起きませんように……。)