株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2015年5月29日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  松井証券             3・92 ○
2  あおぞら銀行           3・84
3  三井物産             3・67
4  キヤノン             3・49
5  住友商事             3・37
6  平和               3・32 ○
7  東海東京FHD          3・31 ○
8  日鉄住金物産           3・30 ○
9  昭和シェル石油          3・27
10 青山商事             3・27

11 SANKYO           3・26
12 東燃ゼネラル石油         3・24
13 日産自動車            3・23 ○
14 NTTドコモ           3・13
15 テクノプロHD          3・03 ○
16 オートバックスセブン       3・00
17 第一三共             2・98
18 武田薬品工業           2・98
19 伊藤忠商事            2・98 ○
20 関西アーバン銀行         2・92

21 ベネッセHD           2・92
22 JXHD             2・91
23 阪和興業             2・89
24 二プロ              2・88
25 丸紅               2・88 ○
26 大東建託             2・88 ○
27 信金中央金庫           2・88
28 ユニーグループHD        2・87
29 ローソン             2・82 ○
30 オンワードHD          2・82


※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 あら〜ん!?


 いつぞや半分冗談で、日経203(00)高地の奪還を〜などと書いたことがあったけど、本当に奪還してもうた!


 坂の上の雲を追いかけて昇ってきたので……


 ぼそっ………後は下るだけか?


 決して過熱感があるわけではないんだけど居心地が悪いのは、今まで20年にもわたった下落トレンドのせいだな。


 大量の緩和で経済に変な歪みが生じていないことを願うのみ。


 過度な過熱感や大崩れなくいってほしいところ。


 頑張れ、うちの企業群。



 先日、東証1部の時価総額がバブル時超えを果たしたという報道を見た。


 会社数が増えただけで、指数から見るとまだまだなんだろうけど、とりあえず目出たい。


 今後、安定的に上昇していくのか、はたまたバブル再来で弾けてしまうのかは分からない。


 差し当たり、最も怖いのは金融危機で、信用の連環が崩れてしまうことだというのは身に染みたところ。


 金融株の動向と理解不能な貸出をしていないかどうかは、気にとめておきたい。


 現在、パッツンパッツンで買ってきた株式の比率を少し落とし、若干の待機資金を捻出。


 全体に対して10%前後の余裕を持たせて、当面をやり過ごすことにしている。


 かくんと株価が下がって、思いっきり後悔したりして……。