株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2014年5月30日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  あおぞら銀行           4・71
2  三井物産             4・15 ○
3  松井証券             4・03 ○
4  SANKYO           3・96
5  武田薬品工業           3・91
6  キヤノン             3・89
7  東燃ゼネラル石油         3・89
8  日本たばこ産業          3・87 ○
9  伊藤忠商事            3・82 ○
10 平和               3・78 ○

11 住友商事             3・75 ○
12 丸紅               3・75 ○
13 積水ハウス            3・73
14 ユニーグループHD        3・73
15 オートバックスセブン       3・61
16 エーザイ             3・60
17 日産自動車            3・59
18 NTTドコモ           3・55
19 大東建託             3・55 ○
20 みずほFG            3・54

21 三菱商事             3・48
22 大塚HD             3・48 ○
23 第一三共             3・48
24 オンワードHD          3・46
25 信金中央金庫           3・44
26 いすゞ自動車           3・38 ○
27 コーエーテクモHD        3・33
28 ローソン             3・28 ○
29 昭和シェル石油          3・28 ○
30 日鉄住金物産           3・27 ○


※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 冴えない株価も反転して、調子を取り戻しつつある。


 保有株は大きな変更もせず、ちょこちょこと買い増しながら保有継続。


 2月決算企業の株主総会も終わり、3月決算企業の総会招集通知が届き始めた。


 特に、事業報告での今後の方針を注意深く読んでいる。


 冴えない業績の企業も、巻き返しを図って様々な対策を講じている。


 株価が冴えない企業は反転の期待も大きく、今後の施策に興味を持って読ませてもらっている。


 仕込むのは今のうちだ。


 金融危機後、概ね思った通りの展開になっているが、大外しの企業もチラホラ。w


 もっとも、そういった企業は割安感も強く、その割安感がただ安いだけかどうかというところの判断で、ウンウン唸っているところ。


 それと、なんだか大きく外したよね、と思うのが、ディフェンシブ系の優良企業さん。


 景気敏感株が大きく回復したところで、エイっと大きくシフトしようと浅はかな皮算用を立てていたら、その候補企業は大きく買われてしまっている。


 もはや買いたいとも思わない値段になってしまった企業が数社。


 なかなか思いどおりにはいかないものだ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る