株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2014年3月28日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  松井証券             4・77 ○
2  あおぞら銀行           4・73
3  マネックスグループ        4・47 ○
4  アコーディア・ゴルフ       4・39
5  東洋ゴム工業           4・30 ○
6  東燃ゼネラル石油         4・18
7  キヤノン             4・11
8  平和               4・00 ○
9  昭和シェル石油          3・92 ○
10 積水ハウス            3・91

11 ユニーグループHD        3・86
12 大和証券グループ本社       3・86 ○
13 伊藤忠商事            3・85 ○
14 NTTドコモ           3・76
15 北陸電力             3・76
16 エーザイ             3・74
17 東海東京FHD          3・72 ○
18 武田薬品工業           3・69
19 住友商事             3・63 ○
20 丸紅               3・62 ○

21 大東建託             3・58 ○
22 三井物産             3・55 ○
23 SANKYO           3・53
24 中国電力             3・52
25 第一三共             3・49
26 ニプロ              3・44
27 オートバックスセブン       3・43
28 信金中央金庫           3・42
29 三菱商事             3・41 ○
30 オンワードHD          3・39


※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 サイバーダインの上場が近づいてきた。


 思い入れもある企業さんなので、IPOに参加しようかと思い目論見書を拝見。


 ぐむっ、これはごっつい赤字!


 今回は見送りで、上場後の業績動向と株価次第にしておこう。


 そういえば、ライフネット生命も注目していたが、ずるずると株価を下げている。


 赤字も止まる気配がない。


 新興企業もいろいろあって、赤字は出してても魅力的で将来性のありそうな企業はある。


 けれども、株式会社である以上は黒字が望ましいことは確かだし、そもそも赤字を垂れ流している状況でその値段はないなと思うこともある。


 うっかり買ってしまうとえらいことになるので、安全余裕度は厳しく。


 それにしても、ロボットスーツの会社が上場とは、一昔前ならSFの世界。


 凄いもんだ。


 そのうち悪いところは全部こういったものに置き換わるのかも。


「先生、一番悪いところを治してください。」


「う〜ん、頭ですかね〜。大丈夫ですよ、最新型の量子コンピューター搭載人工知能ヘッドギアであなたの脳みそ完全サポート。」


 なんちて。


 最近、心臓周りの血管にステントを入れた叔父に向かって、「うわっ、おじさん、これでサイボーグだ。かっこいい!サイボーグじいちゃんだね。」と励ましの言葉を送り、笑いを誘ったが、シャレにならなくなる日は近い。


株は配当金を狙ってTOPに戻る