株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2013年2月22日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  北陸電力             4・82
2  あおぞら銀行           4・59
3  東燃ゼネラル           4・36
4  中部電力             4・36
5  旭硝子              4・22
6  NTTドコモ           4・22
7  中国電力             4・19
8  日本航空             4・10
9  大日本印刷            4・03
10 資生堂              4・01

11 キヤノン             3・92
12 住友商事             3・91
13 大東建託             3・86
14 オートバックスセブン       3・86
15 ユニバーサルエンターテインメント 3・85
16 信金中央金庫           3・80
17 エーザイ             3・77
18 伊藤忠商事            3・76
19 NTT              3・76
20 SANKYO           3・75

21 武田薬品工業           3・75
22 小野薬品工業           3・67
23 第一三共             3・66
24 丸紅               3・58
25 日本電気硝子           3・58
26 HOYA             3・58
27 ユニーグループHD        3・51
28 平和               3・46
29 カネカ              3・23
30 DIC              3・23


株は配当金を狙ってTOPに戻る



これから投資をはじめるキミへ


 株価は上昇している


 周りも投資の話をしている


 倹約して貯めた資金を投資してみようか


 そんなことを考えたキミは


 やがてチャート分析なんぞをはじめ


 完璧なチャートを描き底堅い動きを見せる


 儲かりそうな株に投資するだろう


 しかし


 キミの分析とは裏腹に


 株価はすぐに下落をはじめる


 すぐに回復して上昇し利益が出る


 そんなキミの思いを裏切り続け


 株価は買値の半値以下に





 それが…





 それが……





 暴落だ!





 ゆうとくけど痛いぞ!


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 ローソンの新浪社長が、若手から中堅の社員の賃上げを発表。


 むう、やるなローソン。


 規模は違えど、大昔のフォードを思い起こさせるような経営だ。


 ローソンは高配当利回りランキングから消えて久しい。


 注目していた企業だったけど、今は景気敏感株を買っておきたいし、商事が大株主なので間接的とはいえうちの資本も入っているからいいか、なんつって見送っていたらスルスルと景気敏感株より先に上がっていった。


 相変わらず冴えてます、我が相場観!


(↑ こういう失敗も結構やりました。w)


 日経平均は100円ほど下がったけど、TOPIXは現状維持。


 どちらに行ってもいいようにポートフォリオの若干の修正を済ませ、次の上昇波動を待つ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 白川日銀総裁の辞任が強力な金融緩和を連想させ、円安が進行、連れて株価も上昇。


 日経平均はリーマンショック後の高値に到達した。


 うちの輸出関連企業群も景気よく株価が上昇。


 昨年末に一部売却したトヨタ君も業績上方修正もあって強い値動き。


 少し早まったかな。w


 上値があるのは分かっちゃいるが、ちょいと比率が大きくなりすぎてたので止むなし。


 円安進行と株価上昇の裏で、長期金利は未だ0・8%以下と上昇していない。


 油断は禁物だろう。


株は配当金を狙ってTOPに戻る