株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2011年12月30日の株式指標。



日経平均終値        8455円35銭
               +56円46銭(前日比)

NYダウ(現地12時)  12271・41ドル
               -15・63ドル(前日比)

為替           1ドル77円56銭~58銭

             1ユーロ100円36銭~40銭

長期金利         0・980%(10年国債利回り)

米国債10年       1・89%
   30年       2・91%

英国債10年       1・96%
   30年       3・02%

独連邦債10年      1・85%

ドバイ原油        1バレル--・--ドル~--・--ドル(年末で休み)
 2011年は、2月と11月にNY原油が100ドルを突破していた。



純資産倍率(PBR、倍、前期基準)

 225種        0・93

 東証1部全銘柄     0・92

 東証2部全銘柄     0・63

 ジャスダック      1・12



株価収益率(PER、倍、前期基準、予想)

 225種        14・72     14・76

 東証1部全銘柄     15・49     14・96

 東証2部全銘柄     15・80     12・03

 ジャスダック      17・31     14・15



株式益回り(%、前期、予想)

 東証1部全銘柄      6・45      6・68



平均配当利回り(%、売買単位換算、前期基準、予想)

 225種        2・16      2・17

 東証1部全銘柄     2・23      2・24

 東証2部全銘柄     2・45      2・36

 ジャスダック      2・33      2・40



株は配当金を狙ってTOPに戻る



 2011年12月30日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  みずほFG            5・77
2  九州電力             5・44
3  東北電力             5・41
4  武田薬品工業           5・33
5  NKSJホールディングス     5・30
6  関西電力             5・08
7  リコー              4・92
8  エーザイ             4・71
9  住友商事             4・70
10 ユニバーサルエンターテインメント 4・70

11 三井住友FG           4・66
12 三井物産             4・59
13 北海道電力            4・56
14 東燃ゼネラル石油         4・52
15 大東建託             4・50
16 大日本印刷            4・32
17 住友化学             4・27
18 丸紅               4・26
19 あおぞら銀行           4・25
20 伊藤忠商事            4・22

21 三菱商事             4・18
22 中部電力             4・18
23 日本板硝子            4・17
24 小野薬品             4・17
25 塩野義製薬            4・04
26 旭硝子              4・02
27 アステラス製薬          3・99
28 松井証券             3・99
29 オートバックスセブン       3・98
30 NTTドコモ           3・96


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 古本屋にて書棚を眺めていると、あるわあるわ、投資本の数々が。w


 買って勉強してみたはいいものの、市場環境のあまりの悪さに「あかんわ、こりゃ~!」と売っぱらわれたものだろうか。


 投資の本というのも、なかなかに意味深である。


 多くの場合、著者が書いているような成功体験を共有できることはないだろう。


 理由はいろいろあるんだろうけど、多くは株式市場にやってくる時期の問題ではないだろうか。


 投資本が書店に並んでポンポン売れる時期というのは投資に適しておらず、古本屋に投資本が売られてズラズラ並ぶ時期というのは絶好の投資ポイントではないかと考えている。w


 今がまさにその時期だと思うのだが、多くの人は投資なんかしたくないだろう。


 簡単ではあるが、難しい問題である。





 今年も残り少なくなってきた。


 痛い年になってしまったが、値下りした強い企業をポートフォリオにお迎えすることができた。


 大きく売られ、下に張り付いたままの中核企業の買い増しもコツコツと進めた。


 来年こそは上がって、一旦、追加投資のストップができれば嬉しい。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 株価は低空飛行のまま、一進一退を続けている。


 雰囲気よくなってるのかなと思わせておいて、また下がるの繰り返し。


 ここは我慢、我慢だ。


 逆境の時こそ、投資家としての真価を問われる。


 運用難で、海外の著名なファンドマネージャーも「閉店ガラガラ」の時代だ。


 こんな市場環境で投資を続けていること自体が、とてつもないことであると認識すべきだろう。


 もちろん、良い意味で。w





 三菱商事が「50年史」を発行する。


 株主も欲しければくれるとのことだったので、もちろん頂くことに。


 着いたら、50年の企業史をおさらいして、企業文化の香りに浸ることにしようと考えている。


 小ネタであるが、商事の株主になって株主通信を電子メール配布にしてもらうと、その代わりに植樹をしてもらえる。


 そんなエコエコな株主優待(?)がある。


 株価は冴えていないけど、まあ何とかなるでしょ。





 最新の四季報を見ながら、よくまあ投資を続けているなと、我ながら感心してしまった。


 というのも、継続疑義の注記を食らっている企業に、その昔、「これええんちゃう」なんつって注目していたり、実際に保有していたものなんかが含まれていたから。w


 材料を探して売買を繰り返し値幅を抜いていくなら、投資の対象は値動きさえあればいい。


 でも、長期投資となると、選別をきちんとしないとえらいことになる。


 日本で上場する約3600社のうち、「自分自身の」投資対象となりうる企業はそう多くないと思う。


 自分が個人的に保有ないしチェックしている企業は、現在50社程度。


 趣味的事業の撤退をし、業績の安定性、資本の効率性、事業内容などから、さらに半分以下に絞り込むことも可能だ。


 分散効果をいうなら、30銘柄程度でも十分。


 実際、TOPIXコア30という指標もあるし、ダウ工業平均も30銘柄で構成されている。


 少ない銘柄数では心配かもしれないが、下手な分散投資をして余計なリスクが表面化することの方が怖い。


 代わりに現金保有比率で調整をして、確信を持つ企業の値下り時に買い向かう方がいいのではないか。


 何かあった場合、撤退の判断も素早くできるだろうし。


 これがいろいろやってみて、現在考えているところ。


 自分はよく分かってないことを認識していたのと、好奇心からいろいろ手を出してみたかったのとで、分散投資の方からアプローチしてきたんだけど、ものの分かった投資家さんなら、初めから5~10社程度でかっちりとしたポートフォリオを組むことができるだろう。


 実際、本当の意味で「理解できている」「投資すべき優秀な」企業に投資するとなると、このくらいなのかなという感覚を持っている。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 年末になり、中間報告書とともにカレンダーが届いている。


 2012年も間近で、そろそろ危機が一段落してくれんかいなと気をもんでいる。


 サブプライムショック、リーマンショック、ギリシア危機、ユーロ危機と次から次に襲ってきて、さすがに気も萎え気味だ。


 悪いことを数えればキリがないが、良いことと悪いことは表裏一体のようなもの。


 株価が値下りしたまんまなので、自分の思う企業でポートフォリオを強化することはできた。


 投資を続けていると、これはどうしても出資しておきたいと思う経営者に出会うことがある。


 自分でいえば、日本電産の永守社長、信越化学の金川会長がそうで、今年の収穫である。





 トヨタが業績の下方修正を発表した。


 本日も日経平均が上昇する中、あっさりと利益確定売りを浴びていた。


 円高、震災、タイの洪水と、もう笑うしかない状況だ。


 えへへへ。


 えへへへへ。


 えへへへへ~ん、え~ん、え~ん。 (T_T)


 そういえば、東京モーターショーなどで86がお披露目されていた。


 どれくらいの需要があるのかは分からないけど、こういうクルマもまだ造れるんだと分かって嬉しくなる。


 安くて良いクルマなら、韓国車でも十分。


 安いクルマなら、インドで衝撃的な価格のクルマが出てきた。


 トヨタが今後どういった展開をしていくのか、期待しながら見ている。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 景気敏感株に資金が向かい始め、少し安心。


 年内に日経平均9000円くらいは奪還しておいて欲しい。


 そして向こう5年くらいで、遥かな高み、そう、いつか見たあの高み、





 日経203(00)高地の奪還を~!


(↑ NHKのドラマ『坂の上の雲』の第3部が始まって、鼻息が荒くなっている。)





(注:個人的にわ、日経平均でROE10%以上、PER20倍は十分可能な数字であり、日経203(00)高地の奪還はそう遠い未来の話ではないと本気で考えております。まあ、奪還した後、再び坂道を転げ落ちることはあるかもしれませんが。)





 含み損を抱えると腹も立つし、がっかりもするんだけど、損益率で見ずに株数で見るというのも1つの手。


 自分が理解でき、その事業の長期的成果を待てる企業であれば、目先の含み損は無視して値下りを買い続け、株式数を少しでも増やしておく。


 でもって、買った株式の数を当面の成果とする。


 結果的には、1株当たりの買付単価も下がるので、損益率も改善する。


 株式数は株式併合や上場廃止にならない限り減りはしないので、やる気の維持に効果ありだ。


 自分も単元未満株を使ったりしながら、一生懸命買ってきた。


 わ~い、トヨタ株が最初に買った時よりすんげぇ増えた!


 わ~い、SBI株も最初に買ったときの○十倍だ~!!


 ………。


 …………。


 ……………しくしく。 (ToT)


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 日経平均で見ているとリーマンショック後の最安値より上にあるけど、TOPIXで見るとその最安値圏。


 寒々とした状況ながら、ちょこまかと豆鉄砲を撃ち込んで反転を待つ。


 先日、ようやく切り返し上昇して反転の兆し……であって欲しい。


 前回の底値のときと違い、現在は自分が何をやっているのか、より理解できている。


 なので、前回の底値の時ほど切羽詰まった感じはない。


 危機後の回復局面で景気敏感株の買い増しをストップし、困った感の強かった企業から優良企業へと資金をシフトしておいたこともあって、ポートフォリオ上の打撃もそれほどではない。


 といっても、比較の問題なんだけど。w


 トヨタを筆頭に痛々しい状態の保有株もあるが、今後に期待ということで、できる範囲で追撃買い。


 後は、なるようになれだ。





 さわかみファンドの最新レポートは、オリンパスの名前こそ出ていなかったものの澤上のおじさんの無念がにじみ出てくるような文面。


 問題が指摘されて株価が急落した時に買い向かったが、不適正な会計処理が明るみに出て全面撤退となったようだ。


 さわかみファンドの投資方針からすれば、内視鏡で圧倒的な強さを持つオリンパスは避けて通れない企業だっただろう。


 さわかみファンドの失敗は自分の失敗でもあるので、反省材料にしておきたい。


 問題があったときの運用の仕方は、参考になった。


 市場の信用を失うような行為に対しては、縁切りの売りで対応するということだ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る