株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2011年5月27日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  東北電力             5・32
2  九州電力             4・93
3  エーザイ             4・90
4  中部電力             4・77
5  武田薬品工業           4・74
6  みずほFG            4・72
7  日本オラクル           4・67
8  関西電力             4・40
9  中国電力             4・39
10 ローソン             4・39

11 オートバックスセブン       4・37
12 信金中央金庫           4・35
13 小野薬品工業           4・33
14 大東建託             4・32
15 北海道電力            4・27
16 三井住友FG           4・23
17 オンワードHD          4・13
18 アステラス製薬          4・04
19 住友商事             4・04
20 三井物産             4・01

21 平和               4・00
22 伊藤忠商事            3・98
23 イオンクレジットサービス     3・96
24 NKSJホールディングス     3・95
25 HOYA             3・89
26 東燃ゼネラル           3・89
27 第一三共             3・84
28 パーク24            3・81
29 NTTドコモ           3・80
30 スカパーJSAT         3・77


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 エーザイより毎年恒例の分厚い株主総会招集通知が届いた。


 買収で株主資本比率も低下しているが、その分財務レバレッジが効いて、2010年度の株主資本利益率は16・4%。


 配当も維持で頑張ってくれている。


 気になる今後については、新たに中期経営計画「はやぶさ」がスタートする。


 2015年度までに、営業利益率は25%超、株主資本利益率は20%以上、株主資本配当率は8%以上を目指すそうだ。


 なかなかに野心的な目標で頼もしい。


 宇宙探査機の名前にちなんだ計画のようだ。


 遥か彼方まで株主を運んで欲しい。


 でも、はやぶさのようにもとの場所に戻ってくるのは、ちょっとイヤ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 ずるっと株価が滑り落ちて、不穏な雲行き。


 中国の建機需要が減るとかで、コマツが大きく下落。


 震災復興関連だなんつって、うっかり飛びついていたらがっかりしてたかも。


 次世代エネルギー関連も、一時の勢いが無くなりつつあるものも。


 材料で飛びついても、なかなかうまくいかない。


 利益確定の売りをタイミングよく出すなどということも、面倒臭い上にうまくいく保証もなし。


 なので、材料のないときにちょこまかと買っておいて、ボケ~ッと、ただボケ~ッと保有する。


 上がらなかったら、まだ買えるとむしろ喜ぶ。


 上がったら上がったで、これまた素直に喜ぶ。


 上がって良し、下がってなお良し、長期投資は、とっても楽。


 昨年のパターンだと、夏をにらんでの猛暑関連銘柄の仕込みどき。


 けど、電力不足が懸念される今年の夏が冷夏になって助かったねなんてことになると、目もあてられなかったりして。


 短中期的な見通しは、なかなかに難しい。


 
株は配当金を狙ってTOPに戻る



 本日付日経新聞第3面に、ワカメやホヤが高騰しているとの記事あり。


 ………。


 ………。


 ………。





 ウチのホヤ(HOYA)の高騰はいつでしょう~?





 今年も総会で株主提案が出されるのだろうかと、内紛を心配しつつ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 2月決算企業(小売に多い)の総会招集通知が、ぼちぼち届きつつある。


 総会決議事項を見つつ、不思議な気持ちを抱くことがある。


 取締役に選任してくださいと挙げられている候補の中に、自社の株式保有がゼロの人がいること。


 一体、どのような立場で取締役の座に着くつもりなのだろうか。


 それなりに実績を積んできたからこそ取締役の選任候補に挙げられていると思うのだけど、1単元の株すら持つ金がないのだろうか。


 あるいは、全くそのような気がないのだろうか。


 取締役の大事な仕事の1つは、他の取締役、特に代表取締役の監視監督。


 誰に代わってかというと、株主に代わって。


 だとすれば、株主と同じ立場で経営を見ること、つまり株式の保有は最低限の条件ではないのだろうか。


 感性が鈍いのか、物事の本質を考えていないのか、惰性で取締役になれる幸運の持主なのか、いずれにしろ資質を疑ってしまう。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 本日付日経新聞のマーケット欄に、毎週恒例の配当利回りランキングが出ており、三井物産と住友商事がランクインしていた。


 これは株価下落ではなく増配によるもので、総合商社の経営は好調なようだ。


 PBRやPER、配当利回りといった指標を見ても、総合商社は伝統的に割安に取引されているようで、他の企業と比較しても評価が低いのか、人気がないのか、不思議な感じ。


 20年前のバブルの時も、気分よく株価が上がる中、商社は取り残され、来年は商社が上がって一息かな、なんてところであっさりバブルが弾けたという話を読んだことがある。


 もはや商社不要論も不要になったのではないかと思うんだけど、株価の割安感は修正されないままかな。


 日本電産の永守社長が会見で、「不透明だとか想定外だとかいうのは嫌いなので」といつもの永守節を炸裂させていた。


 毎回毎回、株主は大船に乗ったような気持ちでいられるんじゃないだろうか。


 株価の割安感だとかチャート分析だとか、そういったことの前に長期投資ではやるべきことがある。


 それは大事なお金を託すに足る良い事業と良い経営者を見つけること。


 それができれば、後は買い方に一工夫加えるだけで、楽~に楽しくやっていけるんじゃないかと思う。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 アメリカ市場の軟調を受けて、日経平均も下落。


 景気の先行きに不透明感が出ているとか。


 今日も明日も明後日も、未来は常に不透明なはずなんだけど、たまに不透明じゃないという雰囲気が出る時がある。


 警戒すべきはこういった時で、不透明感があるときは、そんなに心配しなくてもいいかなと思っている。


 ところで、『日本株は株価の戻りが遅いが、外国株は株価の戻りが早い』といった評価をよく見かける。


 日本が1人負けしているような印象を受ける評価だ。


 確かに、株価の回復は遅いんだけど、その分為替レートで円の価値が上がっていることには注意しておくべきだろう。


 株価をポイントで見ていると見逃してしまいがちなんだけど、円換算あるいはドル換算という具合に評価する通貨を統一してみると、違った姿が見えてくる。


 為替の他に、インフレにも注意すべきだ。


 年利で10%のリターンをもたらしています。


 こんなアピールを見たとする。


 この数字が今の日本でのものなら素晴らしいリターンだが、年に8%も9%も物価が上昇しているなら、話は少し違ってくる。


 名目上の数字に惑わされないように、よく気を付けておきたいところ。


 それにしても、いつになったらこの円高とデフレの状態を脱出できるんでしょ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 ああっという間に上がる株価。


 200日移動平均線も無事に突き抜けて上昇基調。


 雰囲気は徐々に明るくなっているのかな。


 うちの投資先である、バフェットじっちゃまのバークシャーが再保険の支払のために900億円近い損失を計上するようだ。


 大震災で嫌~な予感がしていたけど、日本だし大丈夫かな~なんて思っていた。


 グローバルな時代に、それは浅はかな希望的観測。


 アメリカで竜巻も発生して、ダブルパンチで再保険の支払を迫られる模様。


 まあ、手元資金が3兆円なんて額だし、大したことはないだろう。


株は配当金を狙ってTOPに戻る