株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 本日付け日経新聞の1面「市場激震 揺れる企業」に、信越化学と我がSUMCOの減価償却の年数の違いが紹介されていた。


 それによると信越化学は3年、SUMCOは5年で減価償却を行っているようだ。


 信越化学はシリコンウエハー事業で今期黒字を確保の予定。


 対するSUMCOは、2010年1月期に1100億円の大出血継続を予定中だ。


 この差には、減価償却費の償却年数の差も絡んでいるとの指摘があった。


 年数が短い方が、さっさと減価償却費の負担から解放される。


 高い収益をあげている間に多くの償却を済ませておけば、いざ落ち込みが急になった時にも余裕をもって対応できるということだろう。


 信越化学の減価償却の年数が、シリコンサイクルとされる4年をまたがずに設定されていることは大変興味深い。


 信越化学は超優秀経営者、金川じいじが率いる日本の優秀企業だが、安定的な収益力の裏には様々な経営上の工夫もされているのだと改めて感心してしまった。


 ちなみに、我がSUMCOは縁切りもせずにガチホールド中である。


 業績の大変動を逆手にとってやれという、いつもの山っけが炸裂しているからだ。


 タラレバの域を出ないが、景気回復期には業績を大きく戻していくと思っている。


 この戻りの点では、信越化学を凌ぐのではないかと予想している。


 つまり、価値と価格の差は大きいと踏んでいる……多分。w


 しかし、信越化学とSUMCOで、売ることができないと言う条件でどちらか1つにしろと言われたら、間違いなく信越化学だろう。


 安心して保有していられるかという点において、両社には格段の差があるように感じられる。


 SUMCOには、半導体という業績変動の大きい事業でしかも専業というハンディ(メリット)もあるが、同じ事業分野でこっちは巨額赤字を出しているのに、向こうは黒字を確保しようかというのだから、これも仕方なし。


 またしても難しい投資にチャレンジしているわけであるが、さて結果やいかに。


(この手の投資法は、心臓に悪いので次の景気循環で止めにしようかとも思っている。w)


 ちなみに、どちらの会社も一時より株価が下落していたと思う。


 SUMCOの方は赤字継続もあって、ゴールドマンだったかが1200円の目標株価を設定していたと記憶している。


 一旦上がっていって、してやったりとニンマリしていたが、まだ買い場を与え続けてもらえるようで、甚だ有り難迷惑な話である。


 半導体シリコンウエハー事業自体は、将来性のある事業だと思う。


 来るべきユビキタス社会、周りの様々な物に限らず、人間の身体の中にもコンピューターが入り込むことだってあるだろう。


 太陽電池用シリコンにも事業展開ができ、いろいろと課題もあろうが、こちらも有望だと思っている。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 ちょっと人が留守をしとる間に、えらいこっちゃなことになっとるしッ!


 海外のニュースでも、ドバイの資金繰り懸念は大きく報道されていた。


 どこからどうみたってバブルだったのに、何を今さらの感もあるが、よく見りゃまたまた日本株が大きく打撃を受けとるがなッ!


 株価が下がって、もう大ナキール。


 リミットレスの下落で、ドバイしてくれんねん!


 このままだと、大底割れの底値ニューワールドへ~。


 ………お粗末。







<今後の対処法>


 我慢してちょっとでもいいから買う。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 時価総額上位30と興味のあった若干の銘柄の騰落率を調べてみた結果。


    企業名        1月5日終値  11月20日終値 騰落率(%)

1   トヨタ自動車       3010      3440 14・3
2   NTT          4870      3640 25・3
3   ドコモ        179000    129900 27・4
4   三菱UFJ         571       471 17・5
5   ホンダ          1958      2725 39・2
6   キヤノン         2830      3400 20・1
7   三菱商事         1352      1899 40・5
8   任天堂         35500     21990 38・1
9   東京電力         2945      2215 24・8
10  三井住友FG       4190      2815 32・8

11  パナソニック       1141      1160  1・7
12  日産自動車         333       621 86・5
13  武田薬品         4600      3540 23・0
14  JT         297900    247300 17・0
15  ソニー          1970      2410 22・3
16  みずほFG         292       158 45・9
17  JR東日本        6990      5800 15・9
18  ソフトバンク       1604      2105 31・2
19  野村HD          766       603 21・3
20  新日鐵           303       318  5・0

21  デンソー         1598      2380 48・9
22  三井物産          978      1138 16・4
23  KDDI       628000    462000 26・4
24  信越化学         4210      4670 10・9
25  東京海上HD       2600      2425  6・7
26  関西電力         2560      2030 20・7
27  東芝            374       451 20・6
28  ファナック        6770      7440  9・9
29  セブン&iHD      3000      1959 34・7
30  三菱地所         1509      1270 15・8

32  コマツ          1195      1723 44・2
33  国際開発帝石     721000    712000  1・2
34  ファーストリテイリング 13290     15820 19・0
98  商船三井          572       519  9・3
109 全日空           351       231 34・2
120 大和ハウス         870       895  2・9
229 清水建設          517       312 39・7

赤色はマイナス。


 こういった各銘柄の積み重ねが指数(11月18日時点で年初来マイナス1・07%)を構成していると考えれば、今後どうするべきだろうか。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 主要株価指数の年初来騰落率が、ヤフーファイナンスで紹介されていた。


 G7は20~30%の上昇、アジアの主要株価指数も軒並み50%近く、あるいはそれ以上の上昇率だ。


 なのに、


 日本だけ、


 この日本だけが、


 自分のポートフォリオの大半を占めようかという日本だけがぁ、




 ー1・07%   (/;_ _)/ ズルズル (トピックス11月18日時点)


 ↑ 相変わらず冴えわたる読み   (´・ω・`)ショボーン




 売りの材料はたくさんあるのだろうが、文句を言ってみても始まらない。


 外国人が逃げて行くなら、日本人の手に、


 夷狄を打ち払い、日本人の手に偉大な日本企業を取り戻さねばなら~ん!(←幕末かッ!)


(注:上記文頭にお見苦しい表現がございますが、文末のツッコミを引き出すためであり、他意はございません。個人的に外国の方は大好きですし大歓迎です。念のため。)


 嘆くなかれ、これは再びやってきた天与の機会……多分。


 まだまだ買い場は続くよ……嫌だけど。







<久しぶりに覚えておきたい偉大な先人の辞世>


 身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂


 吉田松陰


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 2009年11月20日終値ベース、時価総額1000億円以上の高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  武田薬品工業           5・08
2  みずほFG            5・06
3  東燃ゼネラル           4・93
4  大東建託             4・74
5  新日本石油            4・74
6  昭和シェル            4・73
7  エーザイ             4・67
8  イオンクレジットサービス     4・66
9  小野薬品工業           4・65
10 オートバックスセブン       4・42

11 任天堂              4・37
12 新日鉱HD            4・36
13 日本オラクル           4・17
14 NTTドコモ           4・00
15 コスモ石油            4・00
16 アステラス製薬          3・91
17 ローソン             3・88
18 コナミ              3・67
19 損害保険ジャパン         3・66
20 第一三共             3・56

21 カシオ計算機           3・54
22 日本製紙グループ         3・51
23 みずほ証券            3・40
24 東北電力             3・39
25 伊藤忠テクノソリューションズ   3・38
26 山武               3・37
27 NTT              3・30
28 九州電力             3・28
29 双日               3・25
30 キヤノン             3・24


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 毎日、毎日、ずるずる下がって涙目だ。w


 地合いというものだろう。


 トピックスのテクニカルが崩壊しているといったニュースも目にした。


 え、テクニカルって崩壊するの?


 というより、崩壊するほどのものが最初からあったのだろうか。


 ここ数年、崩壊してばっかりのような気がしないでもない。w


 以下、経験に基づく投資鉄則。


一、テクニカル、手抜き工事の建物より簡単に崩壊します。


一、底、生卵より簡単に割れます。


一、バランスシート、新幹線よりも速いスピードで悪化します。


一、売上、炎天下の水より早く蒸発します。


一、利益、南極の気温のようにマイナスになります。


一、配当、ユニクロの商品のようにああっという間に無くなります。


一、会社、アルミ缶よりも簡単に潰れます。


 ニューヨークとの連動性は、悪い意味で無くなった。 (/;_ _)/


 予定では、もたつく米国を尻目にアジア経済が復活。


 日本も恩恵を受け、いち早く上昇。


 株価がおかしな位置まで買い上げられたところで、返す刀で華麗にアメリカのビジョナリーカンパニーを買い叩く。


 ………はずだった。


 が、しかし………、もたついとるのは日本の方で、


 返す刀がなさそうだ。ww


 本日後場、個人投資家の買いで下げ幅を縮小したようで、買い上がっていかないまでも下値で支える人がいるのは心強い。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 TOTOが冴えない。


 いい調子で上がっていたのに、ああっという間に下がってきた。


 住宅という最悪に金のかかるものに関わるだけに、不景気の影響はモロだ。


 建設や住宅メーカーだけかとタカをくくっていたのが迂闊だった。w


 もっとも、TOTOについては、そんなに心配はしていないし、将来性もあると思っている。


 外国でもシェアを高めていけるのではないかと思っているし、コマツのように良い経営者に巡り会えば伸びそうである。


 伸びそうではあるが、現状、これといった経営成績は残していなかったと思う。


 また今の経営者に確信を持っているわけでもない。


 どちらかというと社会的責任投資としての投資対象だ。


 つまり、お便所の節水と次世代エネルギーの燃料電池である。(参考


 単元未満株でだが、少しずつ買っている。(単元株大人買いで、上がるまで買い下がりできるくらいの資金が欲しいもんだ。)


 海外で尿便をたれる時も、TOTOの文字があれば嬉しくなる。


 住生活グループのINAXと共に、もっと頑張って欲しい企業だ。


 住宅用木材など、その他の住宅周辺産業もヨワヨワだ。


 ハイビックもようやく出血が止まった。(本体の出血は止まったが、こっちはまだ大穴こいている。w)


 借金が嫌いな企業で、本社には金は借りんの意味でカリンの木が置いてあるそうだ。


 この下らないダジャレ1つに大きな感銘を受けて、買い増し&鬼ホールドを決め込んでいる自分も、かなりのあほおである。


 好景気で純資産の何倍にも買い上げられた景気敏感株ほど怖いものはない。


 変動の大きい小型株なら、株価ジェットコースターもさらに恐怖が増す。ww


 優待のギフト券は廃止になった。


 危急存亡の折からやむを得ないことではある。


 「優待を期待して買ってはいけない」という大きな教訓を残してくれた企業でもある。w


 そう、まず最初に「優待がなくても買う銘柄や株価かを考えろ」だ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 日経新聞によると、エーザイの個人株主が増加しているそうだ。


 2005年あたりから右肩上がりで増え続け、現在7万人を突破。


 逃げていく外国人の受け皿を担っているもよう。


 かくいう自分もその1人だったりするわけだが。


 DOE(自己資本配当率)が9・8%に到達し、株主還元の姿勢が非常に強いことがわかる。


 ちなみに、同じく株主にフレンドリーなオムロンでさえ、株主資本利益率(ROE)10%、配当性向20%で、DOEは2%が目標となっているに過ぎない。


 DOEは、上の例でも分かる通り、資本効率と配当性向の両方を高めないと高い数字は出ない。(ROEと配当性向をかけた数字)


 エーザイの場合、特許による高収益が要因の1つであることは間違いない。


 ただ、企業買収もあってか、株主資本比率は70%台から40%台まで下落したように記憶している。


 特許切れも懸念されるところではある。


 不透明感が強いので、高い配当利回りとなっているのだろう。


 逃げていった外国人に、「投資分かってる?」と聞くことができる日がくるといいが。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 上がっていかない日本市場。


 それどころか、二番底懸念まで出てきている。


 いつも通りのナイス読み違えだ。ww (※)


 日本を尻目に上がっていく世界の市場。 orz


 でも、あれだけグローバル化で負の影響を受けたとギャアギャア騒いでおいて、上がらない時には国内要因がどうこうというのは、どうもおかしい。


 しかも、なぜか円は強い。(今までが弱すぎただけかもしれないが。)


 おかしいと思っているので、今は日本市場だけ注視している。(外国の会社は当分要らない。円高はチャンスだが、興味のあったほとんどの企業は値を戻しちゃったし。)


 新興国や資源国関連のファンドが人気のようだが、コマツや日立建機、総合商社で十分カバーできると思う。


 実際、三菱商事もコマツも戻りが早い。(でも、こちらも泣きながら買ったので、今のところは要らない。)


 気になっているのが住友商事。


 意外にも、おいてけぼりを喰らったような格好だ。


 みんなの考えもそうなのか、やたらと信用買い残が積み上がっているらしい。


 売りをこなしていかねばならず、かなり良い材料が出ないと上値は重そうだ。


 悪い材料ならストンと急降下するかもしれない。(頼むから現物で買ってくれ!ww)


 単に自分が住友が好きだからかもしれないが、日経新聞であちこち動いている記事が目に止まった。


 個人的には、面白いことになりそうな企業だと思う。(なので、一部、困った企業を縁切り、乗り換えをしてこちらに振り向けた。)


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 楽天は業績発表に伴い逆行高。


 少し前、社長も「何で買わないかな~。」なんてぼやいていたと思うが、答えははっきりしている。


 株主に帰属すべき利益をきちんと出していなかったからだ。


 今回みたいにきちんと利益を出すことを示せば、絶対に買ってもらえると思う。


 去年なんて、利益剰余金無くなって、資本剰余金から配当しとったし……。


 個人的には今の2倍程度の株価でも驚かないが、さて……。


注)驚かないが、高所恐怖症なのでちびってしまうかもしれない。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


 完全においてけぼり感の漂う日本市場。


 そんな中、イオンがCB(転換社債)発行を発表。


 転換社債の転換で新株発行となると、株式が最大で13%増えるとか。


 有利子負債圧縮のお願いを書いたら、株価に打撃のある方法でお応えしてくれた。w


 1株利益の希薄化懸念で下げているのだろう。


 投資を始めて何度もお目にかかった悪いパターンだ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 2009年11月6日終値ベース、時価総額1000億円以上の高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  武田薬品工業         5・01
2  大東建託           4・63
3  東燃ゼネラル         4・63
4  エーザイ           4・62
5  みずほFG          4・47
6  小野薬品工業         4・30
7  新日本石油          4・25
8  イオンクレジットサービス   4・21
9  昭和シェル          4・18
10 日本オラクル         4・12

11 NTTドコモ         4・04
12 任天堂            4・01
13 ローソン           4・01
14 新日鉱HD          3・92
15 アステラス製薬        3・74
16 損害保険ジャパン       3・68
17 第一三共           3・46
18 カシオ計算機         3・42
19 オートバックスセブン     3・42
20 コスモ石油          3・40

21 コナミ            3・38
22 日本製紙グループ       3・38
23 東北電力           3・34
24 九州電力           3・31
25 サークルKサンクス      3・29
26 みずほ証券          3・23
27 キヤノン           3・23
28 ヤマハ            3・22
29 山武             3・21
30 NTT            3・21


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 保有中のうちのバフェットじいじのバークシャー社が、バーリントンノーザンサンタフェという鉄道会社の100%買収にこぎつけたようだ。


 バーリントンは高収益の鉄道会社で、アメリカ中部から東部へ燃料の石炭などを運んでいる。


 創業131年になるという古参の企業らしい。


 ROEが日本のヤフー並みだった記憶がある。


 2007年時点のポートフォリオでは、ワシントンポストに次いで2番目の投資比率。


 バークシャーとバフェットじいじにとっても、過去最大の買収案件の模様。


 ということは、バーリントンはバークシャーの筆頭企業、つまり、魁男塾でいうところの剣桃太郎になったわけだ。


 同時に、バーリントンの株主と株式交換するために、クラスB株の50分割も実行されるらしい。


 現在、3300ドル(約30万円)程度だから、1株が66ドル(6000円くらい)程度に変更ということか。


 個人投資家には、ずっと投資しやすくなる。


 最も良いと思う事業へ集中的に投資するのがバフェットじいじのスタイルだが、ここまで会社が大きくなってもスタイルを変えないところはさすがだ。


 自分のポートフォリオを見つつ、感心してしまう。


 ちなみに、理由を聞かれたじいじは、


「パパが鉄道のおもちゃを買ってくれなかったから」


 と応えたそうである。


 ええ、ええ、そうですとも、大切な視点ですよね、じいじ。


 かくいう私めも、パパが買ってくれなかったおもちゃやゲームの会社を買っていますから。


 でも、収益の効率性でいうとバーリントンの足元にも及ばないのが、悲しいところである。


 せめてヒットを連発して、気を吐いて欲しいもんだ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 金融危機も不況もなんのその。


 印象に残った企業を数社。







ファーストリテイリング

 強力な経営者がいると、事業内容がありきたりのように見えても凄まじい成績を残す良い例かも。そこらのハイテク企業など話にならない。会社は多くの人の集団である以上、誰がリーダーになるかは極めて重要。この点でも、良い参考例だ。



ニトリ

 これまた、素晴らしい経営成績を残す、家具屋さんなのに革新的な企業。やっぱり株価も「お値段以上」だった。5000円の時に、チャンスなんだろ~な~なんて考えとる間に7000円をぶち抜いていった。円高は、海外で生産をして国内に持ち込むビジネスモデルには追い風。



ABCマート

 これまた1800円の時に、チャンスなんだろ~な~なんて考えとる間に、2500円に乗っけていった。一見、ただの靴屋さんだが、叩き出す数字はそこらのハイテク企業が束になってもかなわないほどエグイ。



 ファーストリテイリングとニトリの特徴として、事業内容が難しくない上に、製造小売であることがあげられると思う。生産から消費者の元に製品が届くまで、一貫して関わり他人任せにしないというのは高収益の基本かも。ABCマートも他社ブランドの小売だけでなく、自前でブランドを抱えていたように記憶している。「製造小売」というキーワードは、抑えておくとよいように思う。(自前で工場を持たない「ファブレス」というキーワードも重要だと思う。)



大黒天物産

 さわかみファンドは金融危機の途中で全株放出したが、凄まじい安さで日常品を売るスーパーマーケットを展開し、不況耐性が鬼のように強い(というより、不況が追い風)。四季報には一時「販管費率が米ウォルマート並み」と書かれていた記憶がある。ウォルマートのウォルトン一族ってば、バフェットじいじより金持ちらしい。ウォルマートは、近年最も成功した事業かもしれない。この会社もウォルマート並みに伸びるか。株価はVの字。優待の果物は大したことはないだろうと思っていたら、岡山の最高級品の葡萄。美味。



日本電産

 不況の直撃を受けても、社長自ら大きな減俸を率先して提示し、労使交渉で素早く妥協点を見出し賃金をカット。固定費を圧縮して不況耐性を高めると、態勢を立て直してすぐに攻めの経営に転じていた。この会社も強いリーダーに率いられた優秀な企業だと思う。悲願の京セラ抜きも一歩前進か。



 これらの企業からは、大事な視点を提供してもらった気がする。


 ハイテクだろうがローテクだろうが、大企業だろうがそうでなかろうが、内需型だろうが外需型だろうが、良いものは良い。


 投資を始めた頃は、ハイテクだから儲かるだろうとか、大企業だから安定しているだろうとか、本当に偏見が多かった。


 こういった偏見なしに、虚心坦懐に事業と経営を見た方がよいと思う。


 それから、全て専業に徹していて、あれやこれやと手を出していない点。


 儲かりそうな事業へやたらと進出するのではなく、守備範囲を絞り、得意の分野でいかに稼ぐかをよく考えていると思う。


 負けず劣らずの企業は他にもあると思うので、気を付けておきたいところだ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る